アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / How To

ウィンタートレイルランニングをはじめよう【ギア編②】

葉が落ちた木々の向こうに広がる、澄み渡たった青空の下と、心も研ぎ澄まされる冷たい空気の中で、今年は冬のトレイルランニングを始めてみませんか?

 

一般的に冬はマラソンのハイシーズンとなり全国各地でフルマラソンの大会が開催されるため、冬の間のトレイルランニングは少しお休みという方も多いと思います。

 

2000mクラス以上の山は既に本格的な冬山のシーズンを迎えています。身近な近郊の低山でも、夏の間には草木が生い茂りとても走れなかったような場所も、冬を迎えた今では落ち葉の積もった快適なトレイルへと変化しており、これまでとは違った景色を楽しめます。また冬の寒い時期には虫がいないのも快適なポイント。遠方までいかなくても冬は十分にトレイルランニングを満喫できます。

 

ただし、ウエアなどの装備は春夏シーズンのままというわけにはいきません。
防寒や汗冷えを考えたウエア・アクセサリー・ギア、そしてそれらが入る、レース向けよりも少し大きめな容量のザックを用意してください。日帰りで晴れた10~15kmぐらいのトレイルなら不安も少ないでしょう。

 

春~夏シーズン以上に体感温度の変化幅が大きなウィンタートレイルランニングですが、そのためのウエアを揃えればとても快適にキリッとした冷たい空気の中での爽快感を味わえます。
ウィンタートレイルランニングってどんな感じなのか心配という方も、ぜひ思い切って冬のトレイルに出かけてみてください。身近な所にとても楽しいトレイルが待っています。

 

トレイルランナーに冬休みはありません。
アートスポーツ・ODBOXで「ウィンタートレイルランニング」をはじめよう。

winter_trailrun_fig01


 ウィンタートレランおすすめギア②

Ⅴ.TREKKING POLE トレッキングポール

予想以上に雪が多い状況などではトレッキングポールがあると非常に役に立ちます。雪があるトレイル、登りは意外と簡単に登れてしまうのですが、いざ下りになると凍った斜面などはおりるのに一苦労する事もあるはずです。そんなときにトレッキングポールがあるのとないのとでは大違い。滑って転倒するリスクを減らせるでしょう。また、スノーシューを使用して深い雪の中をトレイルランしたい!という方なども出かけるフィールドによっては携帯しておくことをおすすめします。

 

[ Black Diamond ]

ウルトラディスタンス
価格:¥16,000(+税)

 

軽量でコンパクトに収納できるトレイルランには最適のコンパクトポールです。カーボン素材を使用し、しなやかな突き心地を実現しています。
※耐久性は若干弱くなりますので、使用の際は製品の性質を良くご理解いただいてからご使用ください。

 

 

[ SINANO ] トレランポール13.6
価格:¥15,000(+税)

 

ポールを振り出した際のバランスの良さ、全体のグリップの握りやすさなど細かなところにポールメーカーとしての技が光る。名前の通りトレイルランに適した軽量アルミ製ポールです。

 

 

 

 


Ⅵ.Zelt ツエルト

非常用の簡易テントのようにも使用することができるのが「ツエルト」です。(シェルターと呼ばれることもあり)。単純にかぶって雨風をしのぐだけのシンプルなものから、テントのように空間を作って居住性を高めたものまで様々な種類があります。「道に迷って夜になってしまった」「怪我をして救助を待たなければならない」など、万が一の時のために携行しておくと、助けとなるアイテムのひとつです。
※非常時にすぐ対処が出来るよう、事前に使い方や設営方法を把握・練習しておくことをお薦めします。

 

[ ARITENT ] ビバークツエルト ソロ
価格:¥5,700(+税)

 

頭からかぶって使うだけの最もシンプルなタイプ。収納サイズも非常に小さく携帯性に優れています。1人用のポンチョのように使用することも可能です。

 

 

 

 

 

[ finetrack ] ツエルトⅠ
価格:¥15,000(+税)

 

細引きロープなどを利用して簡易的なシェルターのように使用することが可能なモデル。防水透湿性に優れた生地を使用することで、使用時の結露による濡れを防ぎやすい構造となっています。

 

 

 

 


Ⅶ.Emergency 緊急・救急用品

「不意のアクシデントでケガをしてしまった。」「雪で滑って足をひねってしまった。」夏の山でも起こりえる事ですが、冬の、ましてや雪の中でのトレイルランニングではよりシビアな局面になりうる事もあります。緊急時に助けを自分の居場所を伝える笛や、怪我に対応できるファーストエイドキットなど自分自身を救うエマージェンシーキットは確実に携行しておきたいところです。

 

[ SOL ]
ヒートシート エマージェンシーブランケット1人用

価格:¥800(+税)

 

体熱の90%を保持してくれる非常用保温シート。ツェルト同様、非常時に使用するシート。「滑って怪我して動けなくなってしまった」などのアクシデントの際、冬のフィールドでは体温が奪われてしまい低体温症などになる可能性があります。そんな時にサバイバルシートがあると、体温の低下を防ぎながら救助を待つことが出来ます。

 

[ PETZL ] eライト
価格:¥4,300(+税)

 

日没が早い冬のフィールドでは、16:30過ぎには山の中は夜のように暗くなることもあります。足元を最低限照らせるヘッドランプは必ず携行したいアイテムのひとつ。重さ26gの「eライト」なら持ち運びも苦になりません。

 

 

 

 

[ PETZL ] ティカXP
価格:¥8,300(+税)

 

120ルーメンのトレイルランイングでも十分走れる明るさを提供してくれるティカXPなら万が一、暗くなった際にも行動に支障をきたすことはないでしょう。
※ライト類を携行する際は事前に電池の残量の確認と予備電池の携行もオススメします。

 

 

 

 


Ⅶ.OTHERS その他

あると便利!プラスαの装備をもっていくだけで冬のトレイルランニングがもっと楽しくなりますよ!!
[ JETBOL ] SOLチタニウム
価格:¥19,000(+税)

 

気温が下がる冬のトレイルランニング。ワンデイでのトレラントリップの休憩時などに暖かい食事や飲み物が作れると心も身体もリフレッシュして走り出せます。燃焼効率の高い、バーナー&クッカー一体型のJETBOILは低温下でも強い冬にオススメのバーナーです。

 

 

 

[ EVERNEW ]
アルコールストーブスタンドDXセット

価格:¥7,600(+税)

 

軽量さにこだわるならアルコールストーブがオススメです。1~2人分のお湯を沸かす程度なら充分すぎるほどです。エスビット固形燃料や小枝などでの燃焼も可能なマルチストーブです。

 

 

 

[ THERMOS ] 山専ボトルFFX-500
価格:¥5,500(+税)

 

「バーナーよりももっと気軽に暖かいものを」という方には保温性に優れた定番の魔法ビンもオススメです。6~7時間ぐらいは75度以上の温度をキープしてくれます。

 

 

 

 

 

[ THERMAREST ] Zシート
価格:¥2,200(+税)

 

休憩時、雪の上に直接座ると非常に冷たい!そんな時は軽量なウレタン性の座布団があると便利!

 

 

 

 

 

 

[ SEE TO SUMMIT ]
ウルトラSILナノドライサックシリーズ

価格:¥1,300~¥3,300(+税)

 

防寒用の軽量ダウンなど濡れてしまうと役に立たなくなるものはドライバッグでしっかり防水対策をしておきましょう。雪の多い冬のトレイルランではもちろん、オールシーズン通して使えるアイテムの一つです。

 

 

 

 


【取扱い店舗・お問い合わせ】

アートスポーツ・ODBOX本店 Tel.03-3833-8636

ODBOX渋谷店 Tel.03-3770-7885


<<< ウィンタートレイルランニングをはじめよう【ギア編】

 

アウトドア

須藤 伸之

ページトップへ戻る