アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / イベント・レース(開催報告)

2014年ハセツネ参戦レポート【西野 編】

2014年ハセツネ参戦レポート【西野 編】

2014/10/12~13に行われました日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)台風の接近によって開催も危ぶまれましたが、参加者の強い願いがそうさせたのか、台風の速度が遅くなり何とか開催されました。今年も2264名が夢の奥多摩1週にチャレンジ!!

スタートしてみると台風接近が功を奏したのか、例年よりも涼しく、高いレベルのレース展開。優勝者はなんと大会新の7時間1分!!若干21歳の新生がハセツネカップを手にしました!!完走率も84.9%で例年でも良い結果に!

 

参加スタッフ(初参加)と第二関門での給水所でサポートしたスタッフ(過去5回出場)と2種類の目線からレポートをご覧ください。


アートスポーツ・ODBOX本店
西野 修平 (過去5回参戦:今回はサポートスタッフとして参加)

武蔵五日市駅前のバナー

武蔵五日市駅前のバナー

2014hasetsune_report_fig02

短パンがこんなことになってしまうとは想像を超えるようなことが起きたのかもしれません。

PM9時30分~
武蔵五日市駅到着後、直ぐに会場へ。会場周辺は普段着であればそんなに寒くなく、都心とそんなに気温差がなく感じました。会場に着くと既にトップ3までゴールしていました。トップは7時間01分。大幅な大会新で優勝していました。

 

1時間ほど会場でゴールシーンを見ていましたがトップ選手の装備は年々軽量化されていってウェアに関してはほとんどフルマラソンと変わらないような格好でした。3位の選手のズボンがタテに大きく破れていたのを見ました。これは私の予想ですが、マラソンよりも大きく脚を振り上げるのでランニング用のものだとトップ選手の動きについてこられないのではないかと推測します。

 

 

2014hasetsune_report_fig03

第二関門は44.3km地点。水orポカリスエットを1.5L補給できます

PM10時30分~
標高1100m程度の第2関門の月夜見第2駐車場に到着。途中の温度計での表示は9℃でした。帰りにもう一度確認したところ4℃まで下がっていました。到着直後に接するランナーはある程度余力があり、休むことなく出て行ってしまうことが多く比較的薄着でウィンドシェル1枚という事が多かったです。

 

このくらいの気温だと行動していることを前提とするならあまり厚着をしなくても良いのですが、体力の限界に達していて、仮眠を取りたいとなると、充分な保温着が必要となります。ビニールシートで仮眠を取っているランナーが半袖のまま震えながら寝ているのを目撃しました。

 

2014hasetsune_report_fig04

そのまま起きない…なんてことがないか心配でした。

 

通常の登山ですと寒さ対策としてミッドレイヤーやダウンウエアなどをオススメしたいところですが、基本的に行動し続けることに重きを置くトレランレースの場合にはエマージェンシーシートやソフトシェルの重ね着、軽量レインウエア、アームウォーマーなどの軽量で暖が取れるものの合わせ技が役に立つと再確認しました。

 

関門時間が近づいてくると完全に疲れきった選手がリタイアをする光景も見られます。中には店頭で接客させていただいたお客様もいました。どうやら膝の痛みが限界だそうです。もう1人は内蔵をやられてしまい、何も食べられないとのこと。リタイアの場面に立ち会うと、ご来店時にもっと役に立つものをオススメしてあげられなかったものかと歯がゆくなります。給水所で5時間以上(AM4時が関門時間)この気温の中でいると足元まで冷えてしまい後半は眠気とも戦いながらの給水となりました。

 

2014hasetsune_report_fig05

第二関門でのスタッフ若林。まだまだ顔色良さそうです。

2014/10/13 AM6時~
関門での給水所の手伝いを終えて会場へ戻ると日が出ており、朝焼けと共に帰って来る選手がいい笑顔でゴールしていました。日も出ていたのもありますがやはり第2関門との気温差はかなりあると感じました。会場に戻ると渋谷スタッフ若林がゴール(16時間38分34秒)しておりました。初参戦の完走を聞くと「もう走りたくない」と言っていたのが印象的でした。第二関門で見かけた際にいい笑顔していたので、彼もきっとハセツネの魅力に取り付かれてしまったことでしょう。

 

レースには過去に5回ほど参加しましたが今回は違った目線でハセツネを見直すことが出来ました。同じスポーツをしているのにこれほどスタイルの差が出るのはなかなか無いことだと思います。使用するアイテムがレースの完走を左右することの裏づけなんじゃないかなぁと思います。今後もハセツネランナーをサポートできるようお店として、いちハセツネランナーとして追求して行きたいと思います。

アートスポーツODBOX本店

スタッフ

ページトップへ戻る