アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / イベント・レース(開催報告)

2014年ハセツネ参戦レポート【若林 編】

2014年ハセツネ参戦レポート【若林 編】

2014/10/12~13に行われました日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)台風の接近によって開催も危ぶまれましたが、参加者の強い願いがそうさせたのか、台風の速度が遅くなり何とか開催されました。今年も2264名が夢の奥多摩1週にチャレンジ!!
スタートしてみると台風接近が功を奏したのか、例年よりも涼しく、高いレベルのレース展開。優勝者はなんと大会新の7時間1分!!若干21歳の新生がハセツネカップを手にしました!!完走率も84.9%で例年でも良い結果に!

 

参加スタッフ(初参加)と第二関門での給水所でサポートしたスタッフ(過去5回出場)と2種類の目線からレポートをご覧ください。


wakabayashiアートスポーツ渋谷店
若林 水 (初参加)

10月12~13日に行われた『日本山岳耐久レース』に出場してきました。予報では大型の台風が接近し、大会中にちょうど上陸する予報でした。それに合わせ薄手のレインを上下で用意し多少荷物が多くなりました。今回はベスト型のバックパックだったので空いた腰回りにフィトレティックのポーチを付けて補給食をそこに詰め込みました。装備の試をした時にすごく気に入ったザックとポーチの相性だったので快適でした。

 

大会当日空は曇って少しヒンヤリするものの雨は降っておらず、湿度高めのトレイルには最高のコンディション。13時のスタートでは半袖がちょうどいいくらいの気温と緊張感。ただ、スタート会場の五日市中学校校庭に入り遅れ、スタートは最終的には20時間予想の方と入り混じってのスタートとなってしました。

 

正直ロードと登りには全く自信がなかったので前半はいかに抑えていくかをずっと考えて走っていました。今熊神社に入ってすぐ渋滞に巻き込まれました。予想はしていましたが、予想以上に進まない渋滞で、前に行きたくても行けない状態で時間が過ぎフラストレーションがたまる時間。ただやはり試走で経験したとおり開始早々に激上り、第1関門までだけでもだいぶ消耗してしまいました。

2014hasetsune_report_fig06

第1関門の浅間峠までで5時間半かかってしまい、かなり焦っていました。第1関門は一呼吸置いただけですぐにリスタート。ここから最高点の三頭山までずっとのぼり。あたりは暗くなってきているのでさらに焦りが募りました。三頭山のあたりでは霧が出ていて視界が悪く、体力もなくヘロヘロになりながらの通過でした。ですがもう少しで月夜見のエイドがあるのでなんとか登りました。

 

このレースは他のレースと大きく違う点は補給地点がないというところと、トレイル率が非常に高いので、応援の方やレース中、自分のモチベーションになるものが少ないという点です。今回のレースではモチベーション維持の為、新しい装備を使ったり、好きなおにぎりを持って月夜見で食べようなど考えていましたが、なにより月夜見に応援に来てくれているスタッフの存在が大きかったと思います。スタートしてから10時間人と全く話さないのでここでの会話で、疲れたからやめてしまおうかな・・などとういう考えは吹っ飛びやる気に満ち溢れました。

 

月夜見のエイドでは30分の休憩だけとあらかじめ決めていたので、給水・食事・荷物の入れ替えがスムーズにでき、動けなくなってしまうという事はありませんでした。ちなみに今回持って行ったレインパンツは役目がなく、フーディーは月夜見の休憩とリスタートして数分しか使いませんでした。レースもやっと後半パートに入り、やる気も充分、体も動くという感じに意気揚々とスタートしましたが、御前山に苦しめられます。スタートしてすぐに下りの後に上り。なんかお腹が重たいなと思いましたが、きっとさっき食べたおにぎりのせいだろうと思い気にせず登っていました。

 

ですが、だんだん頂上が近づくにつれて気持ち悪くなってきました。恐らくハードな運動に胃が固形物を受け付けずに消化不良を起こしていたのだと思います。御前山山頂すぐ手前でジェル共々戻してしまいました。せっかくのおにぎりがもったいないなぁと思いつつも、気分はスッキリして体が動くようになったので、そこからは楽に上れました。山頂ではしっかりと補給をし直し走りづらいコースではありましたが下りは大好きなので、さらに調子は上がりました。

 

ですがここでもトラブル。サブライトのストームが急につかなくなってしまいました。水をこぼしてしまった影響か全く反応しなくなってしまったので、しょうがなく頭に付けていたアイコンを手に持ちライト1つで走る羽目に。足場も悪く視界も悪いので今までにないほど転びました。予備を持っていかなかった完全にミスです。

 

2014hasetsune_report_fig07その後のフラットのところはなんとか走れましたが、すぐに大岳山また上りになってしまいましたが、山頂手前は人が詰まっていて集団になって登るようになっていました。ここでのペースはかなりゆっくり進んでいて、抜きたくてもなかなか抜けないような状態。確かにつらかったのですが歩いて登る分にはしかっり登れるのですごくきつくてという印象はありませんでした。ここからの下りは楽しかったです。山頂付近はとても走れませんが、だんだん走れるようになってきてテンションがあがり、目に見えてゴールまでの距離も減っているのでしっかりと走れました。

 

最後の方の悪い癖で、ゴールが見えてくるとついつい補給しなくなってしまい、一時走れるのですが、すぐに失速してしまいいつものペースに戻ってしまうということを今回もやってしまいました。

 

ここで役に立ったのが『山よりだんご』という商品。この商品ほぼ味のないおもちのようなものなので、ジェルを嫌がって補給できない時にもしっかり食べることができるのと、一口大に切ってあり食感があるので空腹感も紛らわせるというすぐれもの。下りで走りながら今回は山よりだんごを食べつつゴールをめざし、多少の失速はあったものの最後までしっかりと走りきることが出来ました。

 

日の出山を過ぎてからが距離の割に長く感じましたが、足元もだいぶ良くなり、ゴール手前では空も明るくなりつつあったのでライトも何とか持ってくれ、ゴール前のロードは足が痛かったのですが喜びと感動で体が動いてくれました。結果、16時間38分34秒と当初の目標よりも早くゴールすることができました。

 

今回のレースでは今まで体験したことのないようなトラブルがいくつもあり、20~30kmのトレイルとの違いを存分に楽しむことができました。沢山の反省点があったので、今度はしっかりと準備し、リベンジしたいとも思っています。



【装備】
◇シューズ
・[アディダス]XT3 (廃盤商品)
◇バックパック
・[サロモン]スキンプロ10+3
◇ウエア
・[ファイントラック]スキンメッシュ
・[コンプレスポーツ]トレイルランニングショーツ
・[コンプレスポーツ]R2 
・[ザ・ノースフェイス]ライトスピードフーディー
・[マーモット]プレシップ フルジップ パンツ
・[ドライマックス]トレイルラン 1/4クルー ハイ
◇サプリメント
・[ショッツ]エナジージェル(マンゴーパッション・レモンライム・コーラ)
・グリーンマグマ(4本)
・山よりだんご(1個)
・クリフブロックス (オレンジ1本)
・トップスピード(1本)
・[ザバス]ピットインリキッド(エネルギードリンク風味2本)
・トップスピード ウルトラミネラルタブレット (4粒)
・[ZEN]トラ8粒、ダルマ4粒
◇その他装備
・[フィットレティック]アルティメイトⅡ+ハイドレーションアドオン8oz×2
・[プロテック]トゥキャップス 
・[ブラックダイモンド]アイコンストーム
・[スント]AMBIT3 SPORTS
・[ハイドラパック]ソフトフラスク



 

アートスポーツ渋谷店

スタッフ

ページトップへ戻る