アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / アイテム(ピックアップ)

アクティビティ別冬のグローブの選び方【トレイルランニング編】

アクティビティ別冬のグローブの選び方【トレイルランニング編】

夏では主に怪我の防止や日焼け対策として使っていたグローブですが、冬では更に凍てつく寒さから身を守るアイテムとして、より重要になってきます。グローブ選びは簡単そうですが、手は人によって暖かさが非常に異なる為、個人差によって使用可能な温度も大きく変わります。また防寒性・通気性・防水性など、その選び方はウェア選び以上に難しい場合もあります。
ただ基本的な考え方はウエアと同じで、季節・気温・天気・運動量によって厚みや素材を変えてみることです。いくつかのタイプを重ねたり使い分けたりすることで、非常に快適に活動できますよ。今回はこれからの冬に向けて、トレランとトレッキングをベースに素材や機能の異なるグローブをいくつかご紹介いたしますので、グローブ選びの参考になさってみてください。


キーワードは「素材」「状況」「組み合わせ」

「体は暖かいが指先が冷たいのです」
「どの位の厚みを選べばいいのかしら?」
「1枚でオールシーズン使えるグローブってあるのですか?」

 

お店でも良く聞かれる質問です。

グローブは非常に種類が多く、どれを選べば良いのかわかりにくいですよね。目的に合ったグローブを見つけるにはまず「素材」の特性を知ること。 稜線で風に吹かれたり雨に打たれているなど、どんな「状況」で主に使うのか。そしてその状況に合わせてどう「組み合わせ」て使うのか。この3つのキーワードをもとにグローブ選びをしてみましょう。

 

 素材 

グローブに使われる素材の基本的な情報です。

■化学繊維
ナイロンやポリエステルなど化学合成した繊維。繊維自体は水分を保水しにくく、乾きが早いのが特徴。厚みによって保温性の違うフリース(ポリエステル)タイプや風を防ぐ薄手のナイロンタイプなど、加工のしやすさを活かし様々なタイプのグローブを作ることができます。

■ウール
天然素材のウールは湿度・温度のコントロールが得意。汗などで濡れた状態でも冷え感を抑え体温低下を防いでくれます。乾くスピードは化学繊維に比べ遅く、耐久性も劣ります。

■防風フィルム
ゴアテックスウインドストッパーに代表される防風素材。外気の侵入をさせず、グローブ内の温度低下を防ぎます。防水タイプのゴアテックスと違いシーム処理がされていない為、グローブ内でのもたつき感が少なくしなやかなフィット感が特徴。

■防水フィルム
ゴアテックスに代表される防水素材。雨・風をシャットアウトし温度変化はもちろん、手を濡れから防ぎます。

 状況 

どこで、何をするのか、天気は、など想定される状況に応じて選ぶべきグローブも違います。例えば「高尾山にトレイルラン行く」と行っても晴れているのか、雨が降っていて気温が低いのかによっても選ぶグローブは変わってきます。以下の点をグローブ選びのポイントとして考えておきましょう。

 組み合わせ 

上記の「素材」を「状況」に合わせてうまく「組み合わせ」ることでより快適に活動することが可能になります。ということは「グローブ1枚でなんでも対応」というのは難しく、数枚を状況に合わせて使い分けることが快適に、安全に楽しむポイントとなってくるのです。

 


ここからはアクティビティ別で状況に合わせたおすすめグローブをご紹介していきます。

【TRAIL RUNNUNG GLOVES】
運動量が多いトレイルランニング。でも体は温かいのに指先が冷たい、そんな経験された事ありませんか?タイプ別にご紹介します。

glove_fig01

A:フィンガーレス グローブ
保温性は低いですが、軽快で指さばき良く使えます。

指先が覆われていないタイプで、一般的には温暖な気温時向けです。

 

ポイント!
・冬でも暑がりで 常に風を感じていたい人。
・細かい作業がしやすい(ジェルを飲む時など)。
・手の甲に収納できるウィンドシェル付きもある。

 

[SALOMON]XT WINGS GLOVE WP
サイズ:XS~L
価格:4000円(+税)


glove_fig02B:ミッドウェイトグローブ
ウエアで例えるとミドルレイヤー。
適度な厚みで保温性が高いのが特徴。冬だと手首までしっかり覆われているタイプが◎。

 

ポイント!
・厚みがあるので薄手のインナーグローブより保温力がある
・程よく風を通すので蒸れ感が少ない。
・秋~春まで使える期間が長い。

 

[OUTDOOR RESEARCH]SPEED SENSOR GLOVES
サイズ:XS~L
価格:3600円(+税)


glove_fig03C:ウインドストッパーグローブ
ウエアで例えるウインドシェルやソフトシェル。生地と生地の間に薄いフィルムが入っており、防風性に優れたタイプ。

 

ポイント!
・風を通さないので保温力がUP
・吸汗裏地付きなら単体使用もOK

 

[テラノバ]WINDY GLO GLOVE
サイズ:S~L
価格:3000円(+税)


glove_fig04

D:ウォータープルーフグローブ
ウエアで例えるとレインウエアの役割。
雨・風・雪・冷気をシャットアウトしてくれるレイングローブ。

 

ポイント!
・ミッドウェイトグローブの上につけて保温力UP
・薄くて軽量コンパクト

 

[ノースフェイス]RUNNER’S 3 OVERMITT
サイズ:XS~L
価格:4,500円(+税)


「ここに注目!」
アウトドア用グローブの手首部分に注目!
一般的なランニンググローブは手首部分が短い物が多く、ロードであれば比較的寒さを感じにくいのですが、冬の山の気温は更に下がる為、ロードのグローブよりももっと保温力が必要になります。その為、グローブ+リストバンドのような少し長めの設計になっています。
冬はよく「首・手首・足首など、『首』の付く部分を暖めなさい」と言われます。首と付く場所は比較的体の表面に太い血管が通っていて血液が流れており、そこを暖めてあげることで血液が温められ、指先も温かくなりやすくなるからです。冬向けのトレラングローブとしては手首までしっかり覆われるタイプが暖かくてオススメです。
また、冬のトレランやランニンググローブでは、手の甲は防風素材で汗をかきやすい平の部分は吸湿速乾タイプに切り替えた物などもあります。

組み合わせ例
■状況:「好天時(気温高・微風)」・・・A・B・Cいずれか単体で使用。
気温も高く風も少ない快適な天気なら薄手のグローブのみで十分

■状況:「悪天時(気温低・強風・雨・雪)」・・・C単体 or B+C or B+D。
気温が低く、風もあるコンディション。防風性のあるウインドストッパーやそれでも寒い時は2枚重ねで対応。


【取扱い店舗・お問い合わせ】

アートスポーツ・ODBOX本店 Tel.03-3833-8636

アートスポーツ渋谷店 Tel.03-3770-7887


【関連リンク】アクティビティ別冬のグローブの選び方【ハイク&トレッキング編】⇒■

バイヤー

ページトップへ戻る