アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / イベント・レース(開催報告)

【後編】スピードハイキングキャンプin八ケ岳 レポート

【後編】

スピードハイキングキャンプin八ケ岳 レポート

夏山シーズンも終わりを迎える8月23・24日、トレイルランニングや山登りをはじめて、もっと山を深く楽しんでみたい!これまでの荷物を軽量化してライトウェイトスタイルでテント泊に挑戦をしてみたい!という皆様の声にお応えし、一泊二日での八ヶ岳スピードハイキングキャンプを行いました。参加された5名のお客様はほとんどが山でのテント泊は初めて。真新しいテントを準備し、はじめてのテント泊を体感。ODBOXスタッフがテントやツエルトの張り方を1人1人回りながらアドバイスをしました。そして今回の特別ゲストは契約トレイルランナーの石川弘樹さん。石川さんも普段のトレイルランニングクリニックとは違った趣で、お客様とたくさんの山の話や道具の話が出来て、皆さんと一緒に楽しく山登りが出来たとおっしゃっていました。

 

コース概要は以下の通り。

koutei

 

参加者全員自前の軽量テント泊装備です。山と高原地図記載のコースタイムの70%の短縮を目指して行いました!

 

ishikawaガスのかかる硫黄岳山頂でにっこり
プロトレイルランナー石川弘樹氏。
さわやかです。
 

 

 

 

 

toriumi本店の登山歴50年近くになる
ベテランスタッフ・鳥海。
今回のイベントリーダーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mikami渋谷店の三神です。
ボルダリングばっかりで最近は
めっきり登山していません。

 

 

 

 

 

 

 

天気予報は1日目が雨。行きのあずさ号車内、長野方面で大雨なんていうアナウンスがあり、どうなる事かと思いましたが無事開催、全員怪我なく下山し終了することができました。

 

<2日目>

fig13

午後からの天候の崩れを警戒し予定を1時間早め5:00出発。
鳥海「こういう朝日の時は雨降るんだよ。」
・・・嫌なこと言わないでください。

 

fig14

根石岳からずっとガス、ガス、ガス・・・展望ゼロ。

 

fig15

ふいに広いトレイルが出てきました。トレイルランナーの血が騒ぐのか、みなさん走り出します。

 

fig16

地蔵尾根まで岩場との格闘です。安全第一で進みましょう!

 

fig17

八ヶ岳最高峰の赤岳到着!あとは下山のみ。

 

fig18

集中切らさずに行きましょう!集中切れそうなときはコレ!

 

fig19トレランの方にはなじみ深いと思います。集中力が途切れがちな下山時や昼食後はカフェイン入りショッツで頭をシャッキリさせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fig20

赤岳の岩壁をバックにパチリ。

 

fig21

行者小屋到着で最後の腹ごしらえ。スピードハイクの時は小屋の積極的利用で荷物の軽減も一つの手です。私三神はおでんをいただきました。

 

fig22

行者小屋前でみなさんの愛用パックをパチリ。さぁ美濃戸口まで走っちゃいましょう!

 

fig23

美濃戸口にバス停に14:00頃到着。全員怪我なく無事下山できました!参加者の皆様、お疲れ様でした!ご参加頂きありがとうございました!ちなみに余談ですが茅野駅到着後すぐ降雨がありました。早めに出発して大正解。さすが鳥海さん!参加された皆様、ご参加頂きありがとうございました。どんどん山の経験値を重ねていろいろな山登りに挑戦していきましょう。これからもODBOXはハイキングイベントを通じて皆様に山の楽しさをお伝えしていきます。

 

前編にもどる>>>


執筆者:ODBOX渋谷店 三神

ODBOX渋谷店

スタッフ

ページトップへ戻る