アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / イベント・レース(開催報告)

【前編】スピードハイキングキャンプin八ケ岳 レポート

【前編】

スピードハイキングキャンプin八ケ岳 レポート

夏山シーズンも終わりを迎える8月23・24日、トレイルランニングや山登りをはじめて、もっと山を深く楽しんでみたい!これまでの荷物を軽量化してライトウェイトスタイルでテント泊に挑戦をしてみたい!という皆様の声にお応えし、一泊二日での八ヶ岳スピードハイキングキャンプを行いました。参加された5名のお客様はほとんどが山でのテント泊は初めて。真新しいテントを準備し、はじめてのテント泊を体感。ODBOXスタッフがテントやツエルトの張り方を1人1人回りながらアドバイスをしました。そして今回の特別ゲストは契約トレイルランナーの石川弘樹さん。石川さんも普段のトレイルランニングクリニックとは違った趣で、お客様とたくさんの山の話や道具の話が出来て、皆さんと一緒に楽しく山登りが出来たとおっしゃっていました。

 

コース概要は以下の通り。

koutei

 

参加者全員自前の軽量テント泊装備です。山と高原地図記載のコースタイムの70%の短縮を目指して行いました!

 

ishikawaガスのかかる硫黄岳山頂でにっこり
プロトレイルランナー石川弘樹氏。
さわやかです。
 

 

 

 

 

 

 

toriumi本店の登山歴50年近くになる
ベテランスタッフ・鳥海。
今回のイベントリーダーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mikami渋谷店の三神です。
ボルダリングばっかりで最近は
めっきり登山していません。

 

 

 

 

 

 

 

天気予報は1日目が雨。行きのあずさ号車内、長野方面で大雨なんていうアナウンスがあり、どうなる事かと思いましたが無事開催、全員怪我なく下山し終了することができました。

 

<1日目>

fig1

スタートは北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅です。時刻は11:15。ガスに包まれヒンヤリ肌寒い!雨がいまにも降り出しそう!早く歩き始めましょう!

 

fig2

しばらく歩くと三角屋根の縞枯山荘。晴れ間がのぞき始めました。

 

fig3

本格的な登りに入る前に鳥海のトレッキングポール講習。

 

fig4

晴れたと思ったらまたガスってきました。頑張って登ったのに展望ゼロです・・・

 

fig5

 

fig6ここで装備のご紹介。今回のイベントで私三神が使用したのはOMMのクラシック32です。シンプルな作りですが背負いやすく荷物の揺れが少ない人気の軽量パックです。一本締めですが写真のようにマットも挟みやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fig7

5分ほど休憩したら再出発!美しい苔の森を進み白駒池・高見石小屋を目指します。

 

fig8

高見石から望む白駒池です!この時だけガスが晴れてくれました!あとは一気に宿泊地の黒百合ヒュッテを目指します!着いたらビールだ!

 

fig9

黒百合ヒュッテ到着!時刻は16:00。写真撮影のしすぎで予定より1時間遅れてしまいました。小屋で受付を済ませたらテントの設営に取り掛かります。

 

fig10

私三神のマイホームはファイントラックツェルトⅡロング。ツェルトの設営は初めてでしたが5分ほどでできました。意外に奇麗に張れてちょっと満足。

 

fig11

参加者の方たちの自慢のテント!石川さんもニッコリ!さぁそれではお食事の時間です!

 

fig12

みなさんドライフーズ以外にもパスタやレトルトなど趣向を凝らしたメニューです。トレイルランニングにはこういったことをする時間がなかったから楽しいなんて声も。またここでも鳥海より山ごはんのアレンジ方法やテントでの寝方などのアドバイスがありました。夕陽を眺めたりしつつ19:00頃にはみなさん自分のテントに戻り就寝。

 

後編へつづく>>>


執筆者:ODBOX渋谷店 三神

ODBOX渋谷店

スタッフ

ページトップへ戻る