アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

トレイルランニング

ホーム / トレイルランニング / イベント・レース(開催報告)

【石川弘樹と走る福袋】『湯河原梅まつりトレイル』レポート

石川弘樹と走る福袋
『湯河原梅まつりトレイル』レポート

 

昨年末から年明けに企画しました『トレイルランナー石川弘樹と走れる福袋』
厳正なる抽選でたった1組が石川弘樹さんとプライベートランを楽しめるこの企画、たいへん多くのご応募を頂き誠にありがとうございました。
そして抽選の結果、2月11日(祝)見事当選された静岡県の馬淵様(写真左)とお友達の栗田様、兎川様とご一緒に春を感じられる神奈川県湯河原へトレイルランニングに同行させて頂きました。

 


 

学生の頃から登山をされている馬淵様は30歳代の時に日本百名山を制覇し、昨年の信越五岳を見事完走された生粋のアウトドアマン。
お友達の兎川様はフルマラソンサブ3を持つ健脚、馬淵様を信越五岳にてペーサーでついた時は、勢いのあまり50m先を走ってしまうこともたびたびあったとか。
女性の栗田様も昨年末、TNF100k HongKongに出場された本格派。
 

パワーみなぎる3名の皆さんを石川さんが、当日は久々にレースを忘れ、梅まつりでにぎわう湯河原エリアをゆっくりとナビゲートしてくれました。

 


 

湯河原駅に集合。リラックスして路線バスに乗り、30分ほどで『しとどの窟(いわや)』へ移動します。

 

しとどの窟に到着すると、石川さんがルートセッティングしてくれたコースを4人揃って地形図でチェック。

 


 

気持ち良さそうに、みなさん余裕をもって走っています。

 



 

みなさんから数々の質問がとび、普段ロードランでも出来るトレーニング方法を石川さんから伝授されます。ロードの途中にスクワットなどで負荷をかけ、走るトレーニングを繰り返すことを教わりました。


 

南郷山・幕山といくつかのピークを越えていきます。天気もよく最高のツーリング日和です。


 

山頂を下りだすとこの絶景。真鶴半島と相模湾を真正面に、伊豆半島や湘南海岸などが一望できます。


 

クライミングで有名な幕山公園に降りてくると、梅まつりで賑わっていました。


 

まだこれから走りますが、地元の特産物で賑わう“エイド”でおでんやうどんを補給してしまいましたっ!


ここでお知らせ!!

今回石川さんが背負ってきたザックは3月末にアートスポーツ限定で発売するグレゴリー「テンポ8《カラー:アシッド》
まもなく予約受付を開始いたします!


 

最後にみんなで記念写真。
その後、もう一回ピークを越えて湯河原駅まで走りました。


 

今回の“トレラン福袋”はのんびりと、それでも21kmほどをじっくり走りました。

 

仲間と石川さんだけでトレイルランニングを楽しむ休日。
石川さんといろいろなお話が出来て楽しんで頂けたようです。

 
 

またこのような機会を企画していきますので、是非ご期待ください。
 

トレイルランニング

細田 悟

ページトップへ戻る