アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / アイテム(新着)

ピュアアエロを関口店長が最速チェック!

c001saisoku001
バボララケット最大の特徴とも言えるウーファーグロメットが消えた?!
いやいや、ちゃんとありました!ウーファーの機能は残し内側に埋め込んでありました!
ウーファーは素晴らしい機能だけれども独特の山型のぼこぼこが若干の空気抵抗を生んでいたそうです。
それを内側に埋め込むことで空気抵抗を大幅に減らすことに成功しました。素晴らしい!!


c002saisoku002
前作はデザイン性も含めてグリップ部のすぐ上の部分にゴム素材を加工した振動調節機能「コアテックス」がついていました。細かいところではありますが、実はこの出っ張りも若干の空気の抵抗を生んでいたようです。これも埋め込み!!外見スッキリ!
こんな細かなところまで妥協を許さないバボラの姿勢に感服ですね。


c003saisoku003
今までのアエロラケットも風洞装置といった風の抜け方をチェックするマシンで何度もチェックし極限まで振り抜きを良くしていました。
今回のモデルは次元が違います!フレームのトップ部・フェイスのサイド部・スロート部・シャフト部を更に、さらに風が抜ける形にシェイプしてあります。
ラケットをなでるとよくわかります。つるつるですよ!まるでスポーツカーか新幹線です。
カタログによると、埋め込まれたウーファー&コアテックスで空気抵抗をなんと前作より11%削減。
それによりスイングスピードは14.5%UP!!!結果ボールスピードは5kmもスピードUP!!


c004saisoku004
ストリングスを通す12時と6時方向の穴が楕円系になりました。
なぜ楕円形かというとストリングスの動く範囲を極限に広げるためです。
こうすることによりウーファーグロメットが作り出すボールホールド時間が伸び、ストリングスのスナップバック(たわみ)も大きくなります。
ラケットのフェース面に長くボールが残ることでスピンが掛けやすくなり、ボールのコントロール感覚大幅にUPするようです!


c005saisoku005
最近は各メーカーからスピンを掛けやすくするテクノロジーの一つとしてストリングスの目地を広くとる方法が良く見られます。
アートスポーツではこのようなラケットを「オープンストリングスラケット」とネーミングしていますが、そのほとんどがストリングスの本数を減らして目地を粗くしています。
パターンを粗くすることで、インパクト時にストリングスが大きく動き、戻ります。これを「スナップバック」と呼び、ボールに強烈なスピンを掛けます。今回のピュアアエロも似た狙いですが、ストリングスのパターンは前作と一緒の縦が16本、横が19本。決してストリングスの本数が変わっているわけではありません。では、どのようにして目を粗くしているかというとストリングスの一番端をフレームに近づけることで全体に広がりを持たせています。
結果、前作のアエロより「簡単に強烈に」スピンが掛かるように!


c006matome
今までのアエロシリーズは良くも悪くもモデルチェンジによる変更は少しの改良に留まっていたと思います。
ところが今回のピュアアエロは、私達の予想を大きく上回るものでこれでもかっ!と工夫を盛り込んであります。
そしてそのどれもが決して奇をてらった物ではありません。現在のラケットシーン、今までのバボラデータの積み重ね、空気の抵抗の削減のやり方など納得のいく理由から来るものが盛り込まれています。
今までアエロプロドライブ・ピュアドライブシリーズを使ったことがある方は多分手にした瞬間「ビビッ!!」とくるものがあるはずです!
私、関口は初めてメーカーさんからこのラケットを手渡された瞬間から「ビビッ!!」と「コノラケットイイネ」オーラが伝わってきました。それ以降ワクワクが止まりません!不動の人気、BabolaTが更に次のステージに進んでいる節目が今なのではないかと思います。最速発売となる「ピュアアエロ」は8月中旬を予定しています。プラス他シリーズも年内に続けて発売予定です。お楽しみに!


■シリーズラインナップや予約特典をクリックでチェック!■


 
rakuten1
 

取扱い店舗・お問い合わせ

 

アートスポーツ渋谷店
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町1-5
Tel.03-3770-7887
<営業時間>
月-土|10:30-20:00 日・祝|10:30-19:00
地図・フロア案内はこちら

テニス

関口 陽一郎

ページトップへ戻る