アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / コラム

「カッコいい」をテーマにテニスギアを選んでみた。

「カッコいい」をテーマにテニスギアを選ぶ

今後、テニス復活する友人より「デザイン優先でカッコいいアイテムを紹介してほしい」と頼まれました。(その友人は広告会社のデザイナー、昔テニスをやっていて、テニススクールの上級クラスレベルの方です。)

そこで、私が選んだ「カッコいいテニスギア」をご紹介します。

 

1.ラケット

まずはラケット。昔からテニスをやっていたのでフレームもボックス形状をセレクト。
今の流行のラケットよりも、しっくりくると思う。
かっこいいデザイン希望ですので、ヘッドのプレステージ。このピアノブラックカラーが渋い。
定番のラケットなので、飽きがこない。

20140711_tennis_01

 

もう1本はバボラのピュアストライク。
こちらもデザインがかっこいい。
昔ながらのテニスでストロークが好きなんでプレイスタイルにマッチする。

20140711_tennis_02

 

 

 2.グリップテープ

そうだ、グリップテープも必要だ。
ATPワールドツアーのロゴがかっこいいテクニファイバー。
これは隠れた名品。プロコンタクトは気に入ってくれるはずだ。

20140711_tennis_03

 

 

3.テニスウェア

テニスを久しぶりにやる時に困るのがウェアだ。
自分で気にいったウェアが他人とかぶるのはテンションが下がる。
そこで、まだコートではあまり見かけないウェアをセレクト。
ラケットがアスリート系ですので、組み合わせも通な感じを演出。

20140711_tennis_04

 

派手なようですが、コートに入ると通な雰囲気を出せます。
でも、ウェアカラーは好みがあるので、カタログを見てから決めてもらいたい。

20140711_tennis_05

 

 

4.テニスボール

あとは、通を演出できるのが、テニスボール。
この前も私の友人とプレイした時に出してきたのがこのボール。
ヘッドプロ。このボールはかっこいい。

20140711_tennis_06

 

 

ついでに奥様もテニスを一緒に復活するのでお勧めのラケットを選びました。
テクニファイバーのリバウンドプロ。何しろ、デザインが目立つ。
ソフトな打球感ですのでオールラウンドに対応ができます。

20140711_tennis_07

 

 

 

こんなデザインがカッコいい基準で選ぶのも楽しい。
機能も重要ですが、最終的には気にいったデザインでテニスをプレイしてほしい。

PRチーム

ページトップへ戻る