アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / アイテム(新着)

【インタビュー動画追加】錦織圭が求めた理想のラケット“BURN”ついに予約開始

錦織圭が求めた理想のラケット“BURN”ついに予約開始

11月末、突如発表された錦織圭選手が全豪オープンより使用する新ラケット“BURN”。進化を続ける彼の為に作られた新しいラケットが12月20日、いよいよ予約開始となる。開発秘話から錦織選手の理想を実現に搭載された機能、そのスペックを余すことなくご紹介!

NEW!! 2015/1/12:錦織圭BURNインタビュー動画を追加


BURN開発秘話 

USオープン準優勝。ツアーファイナルベスト4。そして4つのタイトルを獲得し、最終ランキングを5位とした錦織圭。何もかもが順調で、今シーズンに限っては完璧なシーズンだったと言えるだろう。しかし当の本人は更なる進化を求めていた。

 

2014年4月、バルセロナオープン(マスターズ500)で優勝を果たし、今期2勝目を上げた錦織圭。その勢いそのままに乗り込んだマドリッド大会(マスターズ1000)でも決勝まで駒を進めた錦織は、まだ一度も勝利をあげていないクレーキングのR・ナダルから、素早い展開力と、圧倒的ともいえる攻撃力で、1stセットを6-2で奪取。2ndセットも先にブレークに成功し、観戦している誰もが錦織の勝利を確信した。

 

しかし、中盤から足が動かなくなる。股関節を痛めてしまったのだ。それは連戦の疲労と、ロングラリーでポイントを取る錦織のスタイルが、彼の体に悲鳴を上げさせたのだろう。そしてその後の「ショートポイントやフリーポイントを増やす必要がある」というコメントから、ニューラケットの開発が始まった。それは錦織の展開力を更なる高みに導くための「スピード」を向上するラケットの開発の始まりだった。

 

彼は1大会、1シーズンを通して、ベストなコンディションを維持するには、現在の展開力にスピードが必要であること。それによる体力、気力、時間を有効に消費することが必要であると判断したのだ。

 

ウイルソン開発チームは、そんな錦織の要求に応えるために、新たな素材「ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー」をラケットに搭載し、ラケット面のフレーム変形率を軽減させた。これにより打球のスピードを向上させることを実現した。ウェイト、バランス、フィーリングを変えることなく、錦織が求めるスピードアップを叶えたのだ。

 

そしてUSオープン準優勝後のテストで「スピードが出る。これは今年身につけた攻撃的なプレースタイルに合っている。ポイントをより早く終わらせることが出来る」と絶賛し、来シーズよりこの新しいラケットにスウィッチすることを決断。普通の選手であれば、「この絶好調のタイミングでラケットを変える」ことなど思いもしないだろう。プレーヤーとは、上手くいっているときほど変化を嫌うものである。しかし、錦織は決断をした。それは彼特有の「新しいことにも、とにかくトライし、プラスになるものであればどんどん吸収する」という柔軟性と、「少しでも進化しよう、前進しよう」と言う勇気がそうさせるのだろう。

 

こうして生まれたニューラケット「BURN(バーン)」は必ずや進化し続ける錦織の力になるだろう。ニューラケット、BURN(バーン)、2015年2月下旬降臨。


BURNシリーズ 搭載機能

carbon_fiber01

carbon_fiber02

 

 

 

フレームの変形を抑える高級新素材「ハイパフォーマンス カーボンファイバー」。
フレームの内側ではなく外側に搭載することにより、打球時に生まれる内側へのねじりを防ぐことで今回のコンセプトである「スピード・アップ」を実現。さらに、カーボンプレートのレイ・アップ(重ね合わせ)方向を変えることにより、STEAMならではであったフィーリングを極力維持している。

 

 

parallel_drilling

STEAMにも搭載されていた「パラレル・ドリル」がBURNでも搭載された。苦しい時のディフェンスというのは、やっとボールに届くという状況がほとんどであり、ラケットの先=フェース面のトップ部分で打つことになる。そのトップ部だけのスイートスポットの拡大のために用いられたテクノロジー。「パラレル・ドリル」を用いることで、ストリングが接する点がフレームの外側に移動。その分、ストリングの可動域が広くなり、結果的にスイートスポットが拡大する。


BURN100/100S/100LS 搭載機能

burn_fig01

度重なるハイスピードカメラによるリサーチの結果、現在の競技系プレーヤーはスピン回転を強くかける傾向があるため、ヒッティングポイントは上下ではなく、左右にずれやすいことを解明。その結果から、ヘッドサイズ100平方インチのラケットを開発する際により効率的にスウィートスポットを広げるために左右にフェース面を拡大。BURN100/100S/100LSは、Burn95に採用されている全てのテクノロジー・素材を使用するだけでなく、フレーム厚も最大25mmと飛躍的に厚くし、よりスピーディーなボールのヒッティングが可能になった。


burn_lineup

burn95_fig

burn100_fig

burn100s_fig

burn100ls_fig

burn_tokuten_web

「BURN」楽天市場店でも予約受付中!ご予約はこちらから!


【取扱い店舗・お問い合わせ】
アートスポーツANNEX店 Tel.03-3836-1661
アートスポーツ渋谷店 Tel.03-3770-7887

アートスポーツ・ODBOX楽天市場店テニスページ URL.http://www.rakuten.ne.jp/gold/artodbox/tennis/index.html

PRチーム

ページトップへ戻る