アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / アイテム(新着)

G・モンフィス、M・ラオニッチ使用予定
WILSONが後半になってもパフォーマンスが落ちにくいラケットを開発しました!
BLADE98に新シリーズ登場

16-1987_Blade_CV_Digital_Launch_Assets_780x500_AVAIL_NOW
 
WILSONがテニスプレーヤーの悩みをまた一つ解決しました。
WILSON契約の錦織選手などがラケットに求める機能の1つ「疲れないラケット」。
新素材「カウンターヴェイル」を搭載する事でゲームの後半に追い上げが効くラケットを発売します。
 
「カウンターヴェイル」って何?
「カウンターヴェイル」はNASAの厳しいテストでも立証された驚くべき振動減衰機能素材です。
既にイタリアの自転車ブランド「ビアンキ」が競技用自転車に採用していて非常に高い評価を得ています。
その効果の程は路面から伝わる衝撃を従来のカーボンフレームと比較しても最大80%も除去できます。
これは特許技術で、特殊な構造の炭素繊維で作られたシートを通常のカーボンに積層させることで粘弾性を持たせており、ラケットのフレームの剛性と強度を向上させながら振動を止める事が出来ます。
自転車は体重や凸凹のアスファルトから非常に大きな振動が起こります。
ここで高評価を得ている素材がテニスのラケットに搭載される事によって今までに体感した事が無いような打ち心地になります。
一球一球の振動はプレーヤーに疲労というダメージを蓄積していきます。
このダメージの積み重ねを極力なくすことで後半になっても高いパフォーマンスを発揮する事が出来ます。
 

 
 

ウイルソンより新しいラケットが12/1発売になります。

 
画像1
 
「カウンターヴェイル」という新素材を使ったラケット「ブレード98CVシリーズ」です。
 
画像2
 
画像3
 


 
画像4 BLADE_98_CV_16X19
 
ブレード98(16×19)CV  定価 ¥37000
 
マイルドな打球感と球持ち感に優れるトリプル・ブレイディッド・グラファイト製法を採用したラケットです。
コントロールとスピンを求めるプレーヤーにおすすめです。
 
フレーム重量 304g
バランスポイント 325mm
面積 98平方インチ
フレーム厚 21mm
フレーム長さ 27インチ
ストリングパターン 16×19
 
楽天市場での購入はこちら▶
 


 
画像5 BLADE_98_CV_18X20
 
ブレード98(18×20)CV  定価 ¥37000
 
M.ラオニッチ使用モデル。
マイルドな打球感と球持ち感に優れるトリプル・ブレイディッド・グラファイト製法を採用したラケットです。
フラット系でピンポイントにコントロールを求めるプレーヤーにおすすめです。
スタッフ関口は試打した時にこのブレード98(18×20)が一番カウンターヴェイルの振動吸収力性を体感したそうです!
 
フレーム重量 304g
バランスポイント 325mm
面積 98平方インチ
フレーム厚 21mm
フレーム長さ 27インチ
ストリングパターン 18×20
 
楽天市場での購入はこちら▶
 


 
発泡剤
 
図左.ブレード104、ブレード98L(16×19)のグリッップ内部には発砲剤は入っていません。
図右.ブレード98(16×19)CV、ブレード98(18×20)CV、ブレード98S CV のグリッップ内部には発砲剤が入っています。
 
グリッップ内部の発砲剤は、フレームの振動吸収性や安定性をアップします。
 
ということで、今回のブレード98(16×19)CVとブレード98(18×20)CVは、腕にかかる負担を大きく軽減する素材「カウンターヴェイル」を採用することで、ハードヒットを連続で行った場合でも、プレー後半の腕のパフォーマンスを維持してくれそうです。
 
長時間テニスをされるプレーヤーやテニスエルボーの人におすすめのラケットです。

PRチーム

ページトップへ戻る