アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / How To

アートスポーツ流 テニスシューズの正しい履き方!!

正しいシューズ選びはこちら・・・go_click

Q.なぜ“正しい履き方”が必要なの?

A.サイズを正しく測ってシューズを選んでも、履き方を間違えると動きにくく、ケガの原因にもなりかねません。

こんな履き方していませんか?危ないんです。

hakikata_08

◆紐がゆるい状態、結びをほどかず脱ぎ履きができる。

シューズの中で足がブレやすくなり「マメ」や「タコ」、場合によっては怪我の原因になります。
また、しっかり踏ん張れないので疲れやすくなります。

hakikata_09

◆重心を前にして履く(つま先が当たっている)

常につま先が当たる恐れがあります。血マメの原因や、紐で締めてもシューズ内で余計な隙間ができるのでチカラが入りません。

hakikata_10

◆脚を組みながらシューズを履く

カカトに上手く足が入らない。フィット感も出ません。
もちろんシューズの中で足がブレやすくなり、怪我の原因になります。


●シューズはこう履く!!

1.カカトをヒールカップに合わせよう。

シューズの紐を緩めて足を入れ、シューズのカカト側に足を合わせましょう。

hakikata_01

イスに座り足を地面につけ、つま先をあげてカカトをトントン。

hakikata_02

hakikata_03

2.紐をしめていこう。

カカトが入った状態で、つま先から順に紐をしぼっていきましょう。

hakikata_04

hakikata_05

3.立ち上がってみよう。

親指側や小指側が痛くない程度にピッタリしていれば完了です。

hakikata_06

Q.なぜカカトに合わせるのでしょうか?

プレー中に急なブレーキをかけた際、シューズは止まっていても、シューズ内で足が滑ることがあります。
つま先がシューズの先に当たって血マメができることも。
そんなトラブルを未然に防ぐために、つま先には余裕が必要です。正しくサイズを選んでいればつま先には0.5~1cmの隙間があります。
その隙間をしっかり確保するためにカカトから合わせます。

Q.テニスソックスって必要なの?

hakikata_07

必ずしも必要ではありませんが、良いプレーには欠かせません。
テニスソックスは普通の靴下より少し厚めの生地で出来ています。クッションの効果もありシューズを履いた時のフィット感がアップします。マメ・タコの予防にもなります。かなりオススメです。

正しい履き方を覚えて快適にテニスをしましょう!!

正しいシューズ選びはこちら・・・go_click

PRチーム

ページトップへ戻る