アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / How To

アートスポーツ流 テニスシューズの選び方!!

テニスを楽しむ時は“テニスシューズ”ですが・・
「部活で始める」「友人から誘われて初めて」や「ひとまず運動不足に・・」といった方はお店でその種類の多さにビックリされていることも多いようです。

そこで、
「(いまさら聞けない) 正しいシューズの選び方」
をわかりやすく解説していきます!

その前に、Q.なぜ正しいシューズ選びが大切なのでしょうか?

答え1.怪我の予防になる

サイズの合うシューズであれば、プレイ中にシューズ内で足が動くことがなく、マメ・タコ・血マメの予防に。
また、コートとシューズの相性が合っていれば、膝や足首に余計な負担を与えず、疲れにくくケガもしにくくなります。

答え2.パフォーマンスを発揮できて、テニスが楽しい。

踏ん張りたい時に止まり・滑ってほしいときにはちゃんと滑る。ボールにうまく追いつける。バランスもぶれにくいので上達が早くなります。


【最初にすることは、足のサイズ(長さ・幅)を知ること】

・まず足の長さ(足長)と足幅を計測しましょう!!

※専用の測定器を使ってスタッフが測っていきます。

erabikata_01

erabikata_02

erabikata_03

 

・自分の足の大きさが分かったらシューズサイズを選ぼう!!

足長に対してのシューズの目安は・・・

男性の場合・・・

erabikata_04 男性の場合は比較的脚力があるため、ストップ時、シューズ内での足の動き幅も大きくなります。実測から1cm大きめを目安に選びましょう。

女性の場合・・・

erabikata_05 女性の場合、脚力によりますがパンプスやハイヒ―ルの様なタイトな靴に慣れている為、初めてのシューズは実測より0.5cmくらいの余裕を目安に選んでみましょう。

※ブレーキをかけた時につま先に余裕がないと血マメの原因に。少し大きめのシューズを選びます。

長さだけでなく、足幅も合わせてみましょう!
(2E・3E・4Eなど数字が大きくなるほど幅広)

実際に履いた時に横に少し圧迫感のあるくらいをお勧めします!!
※履いていくにつれシューズの横幅が少し広がるため、ぴったりか少し狭いシューズを選べば横ブレが起きにくく、内側・外側・足の裏のタコや血マメ予防になります。
erabikata_06

【いつものコートの種類とシューズの種類をあわせましょう!】

◆普段プレーするコートが・・・

ハードコートなら・・・ハードコート専用・オールコート用

erabikata_07

erabikata_11

オムニコートなら・・・オムニコート専用・オムニクレーコート用

 

erabikata_08

erabikata_12

クレーコートなら・・・クレーコート専用・オムニクレーコート用

 

erabikata_09

erabikata_12

カーペットなら・・・カーペット専用・ハードコート用・オールコート用

erabikata_10

erabikata_07

erabikata_11

を選びましょう。

Q.ハードコートでオムニクレーコート用を使うとどうなるの??

erabikata_13 ハードコートは滑りにくいコート。オムニクレーコート用シューズもグリップが良いシューズ。結果“止まりすぎる”事があります。
止まりたい時、思った以上に“止まる”為、足がひっかかる感じがしたり、膝や腰に負担を与える事があります。

Q.オムニやクレーコートでオールコート用やハードコート用を使うとどうなるの??

erabikata_14 オムニ・クレーコートは滑るコート。オール・ハードコート用シューズは比較的ハードコート寄りの作りになっていて、これもまた滑りやすいシューズです。地面に対して抵抗がかかりにくいので止まりたい時に止まれないことに。
また、グリップが悪く蹴り出しが遅れるので、追いつきたいボールへ遅れやすくなります。

それぞれのコートに対応したシューズを選べば、テニスはもっと楽しく上手くなります。

もし、こんな経験があったらお店のスタッフにご相談ください。
・親指~小指まで指先をいつも痛める。
・足裏にタコが出来たり、皮がむけたりする。
・外反母趾が気になり痛い。
・靴ずれが起きる。
・ソールがつるつるでよく滑る。

正しいシューズ選びは安全で快適なテニスの第一歩です!

正しいシューズの履き方はこちら・・・go_click

PRチーム

ページトップへ戻る