アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

テニス

ホーム / テニス / イベント・レース(開催報告)

時短レベルアップできる!SONYスマートセンサー活用法! ~テニススクールのレッスンのお手伝いに行ってきました~ K-POWERS編

時短レベルアップできる!SONYスマートセンサー活用法!
~テニススクールのレッスンのお手伝いに行ってきました~
K-POWERS編

 
今回ANNEX店テニス関口が本村浩二プロ率いるK-POWERSのテニススマートセンサーを活用したレッスンのお手伝いをしてきました!
そのイベント内容をご報告。

 

3時間ガッツリヒッティングwithスマートセンサーでデータ解析!
7/20(祝月)9:00~12:30
場所:水郷テニス練習所(葛飾区)
参加者:7名

 
smartsensor_fig02
まずはコーチの3名とYONEX高須氏と念入りなミーティングから。
レッスンの流れを確認します。

smartsensor_fig03
今回はYONEXの協力で試打ラケットがずらり。新しくリリースされたモデルはほとんどがスマートセンサー対応になっています。他はWILSON・prince・HEADが対応しています。今後もメーカーや対応機種が増えていくことに期待したいですね。
smartsensor_fig04
ラケットのエンド部分を外し、黒いアタッチメントを取り付けます。外すときは専用の黒い棒で簡単に外すことが出来ます。
smartsensor_fig05
使う前には充電を忘れずに。カメラを作動させた状態だと約1時間30分程度。通常の試合や練習での計測なら4~5時間は持ちます。

smartsensor_fig06
 
 
 
 
 
 
 
 
是非オススメしたいのが綺麗に撮影できる三脚。
手ブレのある動画は非常に気持ち悪いです。
三脚の使用は超おすすめです。

 
smartsensor_fig07
今回はフォア10球・バック10球・フォアボレー10球・バックボレー10球・スマッシュ10球。そしてサーブ10球を打ちました。スマートセンサーとスマートフォンを使い動画を撮っていきます。
 
自分のフォームを撮影されるのが初めての方も多く、「思い描いていたフォームと全然違うー(笑)」なんて方も。こうして映像として客観的に見ると、頭の中のスイングとのギャップが埋められるので改善点もわかりやすく、練習に役立ちます!

smartsensor_fig08
スマートセンサーは打った瞬間にスピードなどがスマートフォンに表示される優れもの。もちろん後で見返すことも。
smartsensor_fig09
今回のイベントは先ずいつものフォームで打った後に、すぐにK-POWERSのコーチからアドバイスが入るといった流れ。
自分のフォームがどうなっているのかを見ながらのアドバイスなので、とっても分かりやすい!「なるほどー!」と驚きの声がよく聞こえました。

smartsensor_fig10
今回はYONEXの高須氏と私、関口がスマートセンサーの使い方をアドバイスしながらでしたが、1日も使えばすぐ慣れてしまうほど操作は簡単。ラリー練習などで後で見返すときも、バックハンドだけ抽出して何度も見返す。なんてことも出来ちゃいます。フォームのスロー再生もバッチリ!コートではコーチの技術指導と合わせてスマートセンサーの活用方法を高須氏が伝え、二人三脚のレッスンが進行します。
smartsensor_fig11
多分、皆さんが興味を一番惹くところ。サーブのスピードも測れます。スローで見ると効率よく力が伝わっているのかが良く分かります。
 
この日、最高スピードのプレーヤーは男子高校生でした。かなりの速さで185km以上が何本もコートに入っていました。びっくり!そんなビッグサーバーにもコーチのチェックが入り、「下半身からの連動がよくなればもっと速いサーブが打てる!」とアドバイス。そうなると、近い将来は200kmも可能か?!

この日の最速サーバーは、茨城県でインターハイを目指して頑張っているそう。関口の眼にはかなりの腕前に映りましたが、茨城のレベルは高いですね!
smartsensor_fig12-2
さて、まだスマートセンサーの画面を見たことがない方向けに実際の雰囲気をお伝えします。
 
ビデオ動画をとりながらのライブモード。
記録した全ショットが48球(真ん中の数字)。
サイドに書かれた数字がショット別の内訳です。
バックハンドのスピンやフラットが14球ですね。
フォアストロークが12球、バックハンドスライスが3球といった具合。

 
 
 
smartsensor_fig13-2
14球打ったバックハンドのスピンやフラットを更に掘り下げてみることも出来ます。この画面は14球のインパクト分布。
 
ほぼ真ん中ですが、数球はフレーム根元に近い部分でヒットしてしまったことが分かります。ヘッド方向には当たっていませんね。
 
スイングもショットによってかなりばらつきがあり、平均するとスイングスピードは99kmでした。

 
smartsensor_fig14
そしてライブモードの一番の楽しみ「ライブモードビデオ」。
動画を見返しながら、ショットのスイングスピードやヒットした場所、ボールの速度まで見ることが出来ます。これは感動です。
中央下部に色の付いた丸がありますが、これはショットの種類によって色分けされています。さらに全てのショットと書かれたところはプルダウン式になっていて、バックハンドスピンなど、ショットの種類で動画を抽出することが出来ます。即ち、見たいショットだけ繰り返し見ることが出来るのです。この機能が本当に素晴らしい。練習の方法だけでなく意識まで変わってきます。
(自分の悪いところを繰り返しみるのはキツイのですが、改善点が客観視できてモチベーションはあがります!)
 
一部の紹介でしたが、色々と可能性が広がるスマートセンサー。
今回は水郷テニス練習所のK-POWERSのレッスンのお手伝いでしたが、新しく始動したアートスポーツの練習会でも活用していきますのでお楽しみに!
また御徒町のANNEX店では2015年8月31日までスマートセンサー貸し出しキャンペーンも行っていますので、ご興味がある方は是非こちらもご利用ください。
 
皆様のテニスライフを応援する関口店長でした!

 


■アートスポーツ練習会はこちら↓
http://art-sports.jp/tennis/9736/
■スマートセンサーお貸し出し記事はこちら↓
http://art-sports.jp/tennis/9720/
 

お問い合わせ
アートスポーツANNEX店
〒110-0005 東京都台東区上野5-26-1
Tel.03-3836-1661
<営業時間> 全日|10:30-20:00
地図・フロア案内はこちら

テニス

関口 陽一郎

ページトップへ戻る