アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

ランニング

ホーム / ランニング / コラム

鈴木莉紗コラム:後編
「愛用シューズの紹介」

 
>>前編
 
早速、愛用シューズを紹介します。
 
私が愛用しているシューズは3足。
ジョギング用は
「GEL-DS TRAINER®21」
「GELFEATHER®GLIDE 4-SLIM」の2足です。

 
risa001
 
DSトレーナーは「地面の反発をしっかりとらえて力強く蹴り出してくれるカンジ」。ゲルが入っているので足を守ってくれる安心感と安定感があります。実は初マラソンの前に練習で使っていたのがこのモデル。いろいろ試して原点回帰!
現行のモデルは以前に比べるとかなり軽量化されているので「重い靴はそろそろ卒業したいけど、筋力に自信がない」という方にもオススメです。
私は長めの距離やのんびり走るときに使います。
 
続きまして「GELFEATHER®GLIDE 4-SLIM」です。
色キレイですよね!
 
risa002
 
こんな感じでコーディネートのポイントにもなり、楽しんでいます♪
 
risa003
 
このシューズはネーミングからも分かる通り「雲の上を走っているかのような軽やかさ」が特徴です。
フワフワっと力を入れなくても足がどんどん前へ進んでいくカンジ。
とにかく軽い!
軽量ですがソールの厚みは確保されているので「ゲル入りのは卒業したいけど、まだターサージールなどの上級モデルを履くのはちょっと…」と思っている方に良いかもしれません。
私は距離が短めで、わりとリズム良くジョギングしたいなって時に履いています。
 
 
さて、最後の1足の紹介です。
レースとポイント練習用はずっと「TARTHERZEAL®4-SLIM」を愛用しています。
 
risa004
 
risa005
 
何と言っても「反発性と軽さ」が最大の特徴!
ソールが厚いので、某メーカーの超上級者用シューズより重そうに見えますが…実は一緒なんです。
軽くてもソールが厚いので足をしっかり守ってくれます。
色々なシューズを試してみて
「ソールが薄ければ足運びがスムーズで走りやすいというものではない」
と分かり、それ以来私はずっとコレ一筋です。
 
フルマラソンだけでなく、ハーフマラソン、10kmレースなども全てコレ!
モデルチェンジをちょこちょこ繰り返していて、そのたびにフィット感が微妙に変わってくるので靴紐などで調整しています。
フルマラソン後半は足がかなり疲労するので、「いかにシューズが足を守ってくれるか?」がポイントになると思います。
 
 
いかがでしたでしょうか。
シューズを練習内容やレースによって変えること、オススメです。
もちろん自身の走力にあったシューズを選びましょう。
もし分からないことがあれば
アートスポーツ各店へお越しください!

PRチーム

ページトップへ戻る