アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

ランニング

ホーム / ランニング / コラム

鈴木莉紗コラム:前編
「今のシューズで大丈夫?」

 
そろそろマラソンシーズンイン!
 
6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s
 
その前に…シューズの状態をチェックしてみましょう。
 
・靴底はすり減っていませんか?
・以前に比べてクッション性は損なわれていませんか?

 
夏は路面温度が高いためゴム製のアウトソール(靴底)は他の季節に比べると消耗が激しくなります。
一度使用したシューズの寿命は使用頻度に関わらず半年が目安です。
柔軟性も失われている可能性が高いため、今の時期がちょうど換え時。
練習で酷使したシューズを本命レースで使用するとクッション性がなくなっているので、充分なパフォーマンスを発揮できない可能性大!
 
また、履き倒したシューズをさらに使い続けるとケガの原因にもなります。
(実際シューズが原因でケガした人をたくさん知っています)
パフォーマンスを発揮できないどころかケガをしてしまうのは、とっても勿体ないことなのでレース前にぜひ買い替えを!
 
買った後もポイントがあります。
新しいシューズはソールなど各パーツが硬めなので「履き慣らし」をする必要があります。最低でもレースの2週間前には履きおろして普段の練習で使用し、足に馴染ませておきましょう。
 
そして、実は
私は練習によってシューズを変えています。
周りのランナーに聞くと、どんな練習でも一つのシューズをずっと使っている人がかなり多いことに気づきました。レース用と練習用を変えないケースも多いですね。
シューズのクッション性能は一度使用すると、元に戻るのにナント!2〜3日もかかります。(筋トレ後の筋肉と一緒ですね!)
同じシューズを使い続けているとクッション性能は回復せず、消耗が激しくなります。そこで、練習に応じて2〜4足は用意しておくんです。
 
・ジョギング用…1〜2足
(私のようにほぼ毎日走る人は最低2足がよろしいかと)
・ポイント練習(インターバルや距離走、ペース走)用…1〜2足

 
履き回すことによってシューズの寿命も伸び、何より良いトレーニング効果を得られます。
 
後編は愛用シューズを紹介します!
お楽しみに!

PRチーム

ページトップへ戻る