アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

アウトドア

ホーム / アウトドア / How To

【はじめての雪山、ODBOX推奨レイヤリング術!】その③-2「雪山レイヤリング、侮れない中間着選び術!」【化繊・ダウンジャケット編】

この冬、初めての雪山へ挑戦したいという方も多くいらっしゃるとは思います。実際、店頭でも雪山に向けてのウェアをお探しのお客様も増えてきました。その中でよくお問合せを受けるのが「雪山では何を着たらいいの?」 「レインウェアじゃだめなの?」といった質問です。無雪期登山の経験がある方はやはりご自分でお持ちのウェアでどこまで対応できるのか、何を買い足せばいいのか、といったところが焦点のようですね。
そういった皆様のお声を受けまして、皆様の疑問質問にお応えしつつODBOXが推奨する雪山レイヤリングを4回に分けてご案内させて頂きたいと思います。

fig01

fig02

fig03

fig04

fig05


その③-2『雪山レイヤリング、侮れない中間着選び術!』

化繊・ダウンジャケット編

その①、②で「ハード&ソフトシェル」のお話しをさせて頂きましたが、それらの機能を最大限に活かすためにはその中に着る「中間着」の選び方も非常に重要になってきます。中間着とはミドルレイヤーとも呼ばれているもので、行動着としては「フリース」が一般的です。また、休憩中や停滞時の防寒着、保温着として「インナー用のダウンジャケットや化繊綿のジャケット」も携行します。ではそれぞれ、「フリース」「化繊、ダウン」に分けてご案内させて頂きます。

 

では次に「綿モノ」についてです。よく「ダウンジャケット」「化繊綿ジャケット」か、で比較されます。それぞれにメリットデメリットがあるので一概にはどちらが良いとはいえませんが、実際は化繊に比べるとダウンの方が軽量性と保温力が勝るという理由でダウンが重宝される事が多いと思います。

 

しかし、ODBOXはあえて「化繊綿ジャケット」をオススメさせて頂きます!
冒頭で、「行動着としてフリース」「停滞時の保温着として中綿」と説明させて頂きました。しかし、実際には行動中も体温が上がらずフリースだけでは寒い時はさらにインナーとして中綿を着る事もあります。その場合に行動中のインナーとしてダウンを着てしまうと、今度は暑過ぎてすぐに汗をかいてしまい、その汗をダウンが吸ってしまうとダウンの保温力はなくなってしまいます。休憩などの停滞時には汗や雪、雨で濡れたウェアの上から綿を着る事も多々あるでしょう。雨や雪が降っている事もあるでしょう。そのような状況ではダウンを使うには躊躇してしまいます。

 

また、長期縦走中においては通常のダウンでは少しずつ湿気を帯び、山行の後半では羽が膨らむ力が弱くなり、保温力が低下してしまうようなことも起こり得ます。このような様々な状況を考えたとき、濡れても保温力は落ちにくく速乾性もある化繊綿ジャケットが非常に頼りになってくるのです。

 

では、どのような化繊綿ジャケットを選べばいいのか。
まず気にして頂きたいのが「インナーとして使うのか」「アウターとしての使うのか」です。インナー用として作られたものはまず前提としてシェルの下に着る事が想定されているので、比較的薄く、また動きやすさが損なわれないようにスリムでタイトなフィットになっていたり、ストレッチ性を持たせていたりします。また生地も通気性の高いものになっていたりサイドをフリースにしていたりなど、汗を素早くウェア外に放出出来るようなっています。

 

一方でアウターとして作られたものは逆に全体的に厚く、シェルの上からも着れる様にゆったりしたフィットになっています。また耐風性に優れた生地を使うことで通気性を抑えて風の侵入を防ぎ、同時にウェア内の熱を逃がさないような作りになっています。撥水性も高いものが多いというのも特徴です。インナー用は小さく軽く、それに比べるとアウター用はやや大きく重くなります。またメーカーによってシルエットや同じ重量で比較したときの保温性も様々です。そんな中からご自身の使い方に一番合ったものを選んで頂きたいのですが、実際に選ぶ際には、

 

「インナー用の中でも比較的保温性の高いモデルをちょっと大きめに着て、シェルの上からも着られる様にしておく」
「アウタータイプの中で比較的薄めのものを選びインナーとアウター兼用で出来るようにする」
「行動中用に薄い化繊と、停滞(テント泊など)用に厚手のダウンを持っていく」
「行動中、基本的には綿は着ないのでアウター用の化繊を持って行き、予備で極軽量ダウンも持っていく」
「フリースは着ないで、通気性と速乾性とストレッチ性の高い化繊一枚を着続ける。」

 

というような選び方もできます。「綿モノ」を二枚持っていくのは効率が悪いと捉えられてしまうかもしれませんが、昨今の軽量ダウンであればそれを可能にしてくれると思います。化繊とダウンの特性を活かしながらそれぞれのメリットを最大限に有効活用してみて下さい。

 


以上を基に、今年ODBOXがおすすめする化繊インサレーションの一例をご紹介します。今年は化繊ジャケット豊作の年になりました。ダウン並み軽量性を持ったモデルや、保温性は落とさずにフリース並みの通気性、運動性を兼ねたモデル。従来モデルのバージョンアップや、ダウンと化繊のハイブリッド綿や新素材の登場などなど!勿論定番も外さずに!
この冬の中綿ジャケット選びで悩んでいらっしゃる方は是非参考にしてみてください。

 

fig15

fig16fig17

 


このように中間着にも多くの種類があります。行く場所や時期によって、その時々に合ったものを選ぶ必要がありますが、ベースレイヤーや他に携行する防寒着やシェルとのトータルバランスで考える事が重要になります。

是非一度店頭にてご相談下さい。


【取扱い店舗・お問い合わせ】
アートスポーツ・ODBOX本店 Tel.03-3833-8636
ODBOX渋谷店 Tel.03-3770-7885

アウトドア

内田 篤史

ページトップへ戻る