アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

アウトドア

ホーム / アウトドア / アイテム(ピックアップ)

HOTな化繊インサレーションウェアを探せ!

今年の冬は化繊インサレーションウェアが面白い。

 これまで化繊インサレーションウェアは保温性や重量ではダウンウェアには敵わないと言われてきました。しかしながらここ数年の素材の進化に伴い、化繊インサレーションでも非常に軽い物や保温性や通気性が優れる物が登場して、使う状況によってはダウンよりも有効に活用できるアイテムとして再評価されています。

 

 化繊インサレーションの一番優れた特徴は、なんと言っても「濡れに強い」という点です。悪天候時の濡れたウェアの上から羽織っても保温力を保って行動できる。そんな使い方をできるのも化繊インサレーションの利点の一つです。また、長期縦走中においては通常のダウンでは少しずつ湿気を帯び、山行の後半では羽が膨らむ力が弱くなり、保温力が低下してしまうようなことも起こり得ます。そのような状況でも化繊インサレーションは保温力をキープしてくれる。これもダウン製品にはない「濡れに強い」という優れた特徴があるからです。

 

 そんな化繊インサレーションウェアですが、今年は更に一歩進んだ機能を併せ持つ特徴的なウェアや、定番品の中でも見直されて進化した製品が各社から色々登場してきています。今回ODBOXがおすすめする化繊インサレーションの一例をご紹介しますので、この冬の中綿ジャケット選びで悩んでいらっしゃる方は是非参考にしてみてください。

※化繊インサレーション=化学繊維を使用した中綿入りのジャケットです。

 

【濡れにも強く、ダウン並みの保温力&コンパクト性を実現!】

▼Finetrack M’sポリゴン2ULジャケット ¥18,800+税 

[中綿素材]ファインポリゴン

fig1 一般的な中綿の形状ではなく、疎水性の高いシート状の素材を重ね合わせることによりデッドエアを溜め込み保温性を生み出すファイントラック独自の素材「ファインポリゴン」を用いたウェア。すでに同社のシュラフで使用されている素材をウェアに応用したモデルとなります。他社の一般的な中綿素材よりも乾くスピードや保温性が高く、ダウン並みの保温力&軽量性を化繊インサレーションでも実現した意欲的なアイテムとなっています。ポリゴン2ULジャケットは高撥水に富んだシェル素材を使用。通気性にも優れ、フリースウェアのようにアウターシェルジャケットなどの中に着込んでもオーバーヒートしにくい構造を持ちます。ファインポリゴンを4枚用いた保温力を高めたアウター向けのポリゴン4ジャケットもあります。

 

こういう方にオススメ!
◆トレイルランニングのように発汗の多い運動の冬の休憩・保温用に。
◆3シーズン・トレッキングの防寒用に。

⇒楽天市場店でのご購入はコチラ


【パタゴニアの新提案!ストレッチ性・通気性抜群の中綿ウェア】

▼Patagonia M’sナノエアージャケット ¥28,000+税 

[中綿素材]ナノエアー

fig2 パタゴニアからこの冬革新的な中綿ジャケットが登場してきました。従来の冬山のレイヤリングが変わってしまいそうなオリジナル素材が「ナノエアー」です。今まで行動中の着用では行動での発汗や熱の放出と中綿ジャケットの保温力とのバランスがミスマッチとなるケースも多々あったかと思います。

新開発された「ナノエアー」はそのような暑すぎるケースが多い従来の中綿と比べると非常に通気性に優れ、また重ね着をしていても動きやすいようにストレッチ性にも富んでいます。一日の山行の中で「常に着続けられる」をコンセプトにしているとおり、出発から行動中、家に帰ってジャケットを脱ぐまで常に着用できる圧倒的な快適性がポイントとなっている製品です。今年の冬のアクティビティを今まで以上に快適にしてくれる化繊インサレーションウェアです。

こういう方にオススメ!
◆雪山のハイクアップなどで着たまま動いていても暑くなりすぎないウェアを探している方。
◆冬の都市生活のジャケットとして。電車内やショッピングモール内でも熱がこもらず快適。

⇒楽天市場店でのご購入はコチラ


【ポーラテックアルファを用いた、真冬のトレラン用ジャケット登場】

▼Arc’teryx M’sアルガスジャケット ¥20,000+税

[中綿素材]ポーラテックアルファ

fig3 米軍特殊部隊とポーラテック社が共同開発を行ったポーラテックアルファは、特殊部隊から声の多かった「常に行動していられる暖かい素材」というリクエストに対する1つの回答となる製品です。 通気性に優れた「ポーラテックアルファ」素材は、寒冷地でも暖かすぎてオーバーヒートすることなく、丁度良い保温力をもたらしてくれます。特にアルガスジャケットは真冬のトレイルランニング用にデザインされた非常にフィット感の高いジャケットとなっており、寒い環境の中を着たまま走り続けるのに最適なジャケットの一つとしてオススメできる製品に仕上がっています。

fig4

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう方にオススメ!
◆真冬のトレイルランニングやランニングウェアで、行動中や停滞中も丁度良い保温力が欲しい方。


【時代がアークテリクスに追いついた! 
通気・疎水が高いコアロフト製品が今季リニューアル!】

▼Arc’teryx アトムLTフーディ ¥26,000+税

[中綿素材]コアロフト

fig5 今シーズン各社が通気性や疎水性の高い製品を打ち出している中、以前からそのような中綿を用いた製品は存在していました。アークテリクス・オリジナルの中綿素材である「コアロフト」がそうです。元々同社の中では「従来の中綿素材は暑すぎて行動中には不向きである」ということで開発されたコアロフトは、ポリエステル糸にシリコン処理をしており疎水性が高く、表地のシェルもある程度風が抜けてくれる素材のため、熱がこもらずに丁度良い保温力をもたらしてくれます。 毎年人気の定番品であるアトムLTフーディは、今季より細部においてより使いやすさを考えてリニューアルをしています。中綿のコアロフトは変わらず、ジャケットとしての機能やフィットを見直しました。フードのフィット感を向上させ、前にふくらみがちであったシルエットを抑え、より洗練されたジャケットに生まれ変わりました。

fig6

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう方にオススメ!
◆登山やトレイルランニングの中間保温着やアウターとして。
◆冬の都市生活のジャケットとして。電車内やショッピングモール内でも熱がこもらず快適。


【ダウンと化繊の長所の融合!】

▼THE NORTH FACE サンダージャケット ¥24,000+税
▼THE NORTH FACE サンダーフーディー ¥30,000+税

[中綿素材]PRIMALOFT Insulation Down Blend

fig7 これまでもフードと身頃など、部分部分で化繊とダウンを切り替えたジャケットは存在していました。ノースフェイスのサンダーシリーズはダウンと化繊綿を混合させた新しいタイプのハイブリッドダウンジャケットです。軽量で保温力の高いダウンと、耐久撥水性のあるプリマロフトのカットファイバーを均一にブレンドさせることにより、ダウンの良さである軽量性と保温力、化繊の良さである濡れてもロフトを損なわないというそれぞれの長所を引き出しました。素材の混合によってダウンのふくらみもしっかりとし、保温力の向上にも役立っています。 フード無しモデルは表地に軽量性に優れるパーテックスクアンタムを、フード付きモデルは表地に耐水性に優れるパーテックスエンデュランスを使用しています。

 

こういう方にオススメ!
◆登山やトレイルランニングの休憩時や中間保温着として。
◆冬の都市生活のジャケットとして。ノースフェイスらしいすっきりとしたシルエットです。

⇒楽天市場店でのご購入はコチラ


【取扱い店舗・お問い合わせ】
アートスポーツ・ODBOX本店 Tel.03-3833-8636
ODBOX渋谷店 Tel.03-3770-7885

アウトドア

内田 篤史

ページトップへ戻る