アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

アウトドア

ホーム / アウトドア / How To

ダウン製ウェアを長くご愛顧頂く為の洗濯方法

一般の洗剤では羽に含まれる油分まで落とし、膨らみや保温力を損ねてしまいますので、必ずダウン専用洗剤をご利用ください。

fig1

■洗濯機の場合

汚れがひどい部分(襟や袖口など)には直接ダウン用洗剤を塗り、軽くこすり洗いして下さい。

○ジッパータイプの物は洗濯ネットのご利用をお勧めします。fig2
(ジッパーやベルクロタブは全て閉めて下さい)洗剤を投入し、
弱モードにして洗います。

○すすぎは3・4回多めに行って下さい。
洗剤が残っているとダウンの膨らみに影響するだけではなく、
ニオイやカビの原因になります。水の濁りがなくなるまで
しっかりとすすぎを行ってください。

○脱水する時に持ち上げたり絞ったりしないで下さい!
水を吸ったダウンの重みで生地や縫い目が傷んだり、ダウンの収まりにも影響を与えます。
洗い桶または洗濯槽内の水をおおよそ排水したらウエアを圧縮するか巻き上げるようにして水を抜きます。
脱水機にかける場合は、脱水時間を短くして、ドラムの内側に沿わせるようにします。

■手洗いの場合

シンクまたは洗い桶にウエアが丁度浸かる程度のぬるま湯を入れたら、ダウン専用洗剤を加え、ダウンの空気を抜きながら、完全に水の中に浸して押し洗い!汚れやシミ、ニオイをしっかり落として下さい。洗い終わったら、水が綺麗になるまで繰り返し良くすすぎます。この後の脱水の仕方は洗濯機の時と同じです。

fig3

■乾燥機の場合

fig4

○中温程度の乾燥温度に設定し、乾燥させてください。
※高温だと生地を傷めてしまう可能性があるのでお避けください。
綺麗なテニスボールなどを一緒に入れると、羽毛の塊をほぐすのに効果があります。
洗濯表示で乾燥機の使用が可能な場合のみに表示内容に従って乾燥させて下さい。

■自然乾燥の場合

○風通しのよい場所で平干しして下さい。
平干しハンガーやすのこのご利用もお勧めです。
綿量や生地にもよりますが、中が完全に乾くのにかなりの時間(2~3日以上かかります)を要します。

fig5

fig6

fig7

使用後は必ず陰干しして、出来る限り湿気を抜いて下さい。圧縮されない大きめの袋などでの保管が理想です。
長時間、小さく収納袋に入れたままではダウン本来の膨らみを損ないやすく、保温性も下がってしまう恐れがあります。また、湿気を含んでニオイやカビが付かないよう、通気性の良い状態での保管も大切です。


ご不明な点がございましたら、ODBOX各店までお問合わせください。

アートスポーツ・ODBOX本店 TEL.03-3833-8636
ODBOX渋谷店 TEL.03-3770-7885


 

バイヤー

ページトップへ戻る