アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

アウトドア

ホーム / アウトドア / How To

「急に雨が!」 対策できてますか?

「山のザックは防水でしょ?」と思われがちですが、実は防水加工されているザックはほんの一部。ほとんどは生地への撥水加工のみで、ジッパーや縫製部分から水が浸入してしまいます。ですから突然の雨に対する対策は欠かせません。
 
では、どのような雨対策があるのでしょうか。方法は2種類。
「外側で防ぐか」or「内側で守るか」です。
 
OD_rain_001
 
画像 002
文字通りザックにかぶせる防水カバーです。素材の進化により、軽くてコンパクト、水をはじく性能も上がりました。ショルダーハーネスや前面は覆えないため、天候によっては背中とザックのすき間から水が浸入する恐れがありますが、ザックそのものの水濡れは大幅に防げるため、ザックが水を吸って重くなるのも防いでくれます。

 
OD_rain_002
画像 007
ザックの内側を防水にしてしまう対策方法です。
ザックの容量より少し大きめの防水スタッフバッグを荷室内に広げ、その中へ荷物をパッキングしていきます。荷物を詰めたら防水スタッフバッグの口をしっかり閉じる。こうすれば本体が雨に濡れても、大事な荷物は防水スタッフバッグに守られ濡れる心配はありません。

 
 
OD_rain_matome
とっさに対応できるザックカバーは、日帰りハイカーも雨に対する保険として持っておくといいでしょう。確実に荷物を水濡れから守ってくれる防水スタッフバッグは、ロングトレイルや縦走登山など、雨への対策が欠かせないスタイルにおすすめの方法です。また、いくつかの小さな防水スタッフバッグに荷物を小分けしてパッキングすると荷物の整理や出し入れもしやすいのでオススメです。
 


 
これから雨が多くなる季節です。
雨のハイキングも静かで楽しいものです。
そんなとき、着替えや電子機器、財布が濡れていたら気分は最悪です。
しっかり楽しむなら、しっかり対策していきましょう。
もっと詳しく聞きたいときは下記のお店までご来店ください。
 

PRチーム

ページトップへ戻る