アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

アウトドア

ホーム / アウトドア / コラム

契約登山ガイド:西村志津コラム「山に魅せられて」16

2016年4月13日

 

グリュッチ!(スイスドイツ語でこんにちは!)

ベットマーアルプ・スキー場のご紹介です!

 

2001年に世界遺産の自然遺産に登録されたアレッチエリアは、

リーダーアルプ、ベットマーアルプ、フィーシュ・エッギスホルンの3つエリアが繋がっています。

 

ベットマーアルプ村の標高は1950メートル。

まずは写真の左のとんがり山、標高2652メートルのベットマーホルンまでリフトを乗り継ぎスキーにて移動です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

展望台からは、アレッチ氷河の絶景が!

氷河のカーブの奥にはユングフラウやメンヒ、アイガーが位置します。

ユングフラウヨッホ展望台からアレッチ氷河を見たことがある方も多いと思います。

この氷河の一番深い場所、コンコルディアプラッツにはなんと約900メートルもの厚さの氷があり、

年間約180メートルも移動していると言われています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

晴れるとマッターホルンも顔を出してくれますよ!

右から、ヴァイスホルン、マッターホルン、ミシャベル山群、アルプフーベル、モンテローザ。

ツェルマットのゴルナグラート展望台を訪れたことがある方は、この山々の景色をツェルマット側から見たことがあるはずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大パノラマの景色を見つつ風をきってのスキー滑走は最高です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ランチはヴァリサ―テラーと呼ばれる、乾燥肉と削ったチーズの盛り合わせとパンを頂きました。

O

 

ちょうどパラグライダーが飛び立つところを見ることができました。

素晴らしい山の景色の飛行も最高の時間でしょうね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アレッチエリアのHP

https://www.aletscharena.ch/sports-winter/ski-and-snowboard/

 


 

日本山岳ガイド協会認定登山ガイドⅡ・ヨガインストラクター

西村志津

東京出身。山に魅せられ、日本にて登山ガイドとなる。結婚を機にスイスへ在住。ツアーリーダーやコーディネーターとして活動。一方で心と身体が癒されるヨガに出会い、勉強を重ねインストラクターとなり、登山者のためのヨガを普及中。日本とスイスの架け橋となる活動に努める。
 
●ニュース●発売中のランドネ6月号とウィルダネス6にて、ツェルマット&マッターホルン特集があり、コーディネーターとして登場しております。

16_magazine

 

 

 

PRチーム

ページトップへ戻る