アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

サイクル

ホーム / サイクル / アイテム(ピックアップ)

【2/9更新】Italian Bike ~イタリアンバイク~

italianbike_fig02バイクには色々な喜びがあります。
走る楽しさはもちろん。
所有する喜び、それを眺める楽しさ。
どんな仕様で組もうか?
そんな事を考えるだけでも楽しいものです。

 

italianbike_fig01

 

今のカーボンバイクには決して出す事の出来ない金属の輝きや塗装の美しさがそこにはあります。

また、最新のバイクこそ最良のバイク。
そういったレーシングバイクの世界と少し違う。
それでいて、仕立てはレーサーなので走りはキビキビとした小気味よいもの。
そんなバイクを駆って冬の街を散歩する。
少し、息があがったら、持ってきたジャケットを羽織って

ちょっと古い街の気に入った店に寄り道をする。
昔あこがれていた、良いものを大切に思い切り楽しむ。
そんな世界がそこにはあります。

 

italianbike_fig03

 

気を使わないと壊れたら直す事も出来ない。
そんなビンテージではなく維持する事が出来て、
所有する満足と喜びを与えてくれる。
思い切り使えるイタリアンバイクをアートスポーツは提案します。

 

italianbike_fig04
[2015/2/6追加] スペシャルプライスバイク(完成車)を紹介。

italianbike_fig10

DEROSA NUOVOCLASSICO
価格:¥650,000(同内容で通常組み上げ時) ⇒ ¥570,000(+税) 売約御礼 
こちらは、HPの記事で使われたバイクです。雰囲気は90年代中盤風に仕上げました。しかし補修の大変な古い部品を使う事無く「今でも補修部品が手に入るパーツ」をセレクトしています。メインパーツは現行の「カンパニョーロ・アテナ11S」ホイールは少しこだわり「手組のチューブラー」です。中身は当然「レーサー」なので練習会などでキッチリと速く走らせても良いでしょう。カーボンの無機質な速さと少し違う「生き物のような」キビキビした走りを街中で楽しんでも良いですね。
・サイズ:500mm /トップ長:525mm(身長165センチ~の方に適正なサイズです)


続いて、スペシャルプライスフレームをご紹介。
高級品ですが、円高の時に仕入れた為、大変お求めやすくなっています。

italianbike_fig05

NEVI STELVIO
価格:¥492,800 ⇒ ¥398,000(+税)

イタリア・ミラノから北東へ40kmほどのベルガモにある工房で作られています。特筆すべきはチタン特有のしなやかで優しい乗り心地と、華美でなくシンプルでも凄みすら感じさせる芸術的と言える溶接の美しさです。走りも所有欲どちらも満足させてくれます。末永く所有する喜びを感じたい、そんな方にこそお乗り頂きたいバイクです。
・トップチューブ長:550mm


italianbike_fig06

CHINELI SUPER CORSA
価格:¥273,000 ⇒ ¥218,400(+税)

言わずと知れたチネリの名作。そして最もイタリアらしさを感じさせる大人気の「赤」です。円が高かった頃の入荷品ですので、2015年の定価288,000円から考えるとかなりお値打ち価格です。サイズは小さめなので、サドル高が確保出来れば小柄な方でもお乗り頂けます。
・トップチューブ長:510mm


italianbike_fig07

COLNAGO MASTER X LITE
価格:¥360,000 ⇒ ¥288,000(+税)

定番中のコルナゴのマスターXライト。こちらも大人気のブルーです。やはり円が高い頃の入荷品ですので(2015年定価380,000円)お値打ち価格となっております。
・トップチューブ長:518mm


italianbike_fig08

MASI
価格:¥252,000 ⇒ ¥201,600(+税)

最近は町中でこのMASIロゴのついたバイクを時々見かけます。しかし、このフレームはそのMASIとは少し違います。このMASIはAlberto Masiによってイタリアミラノの工房で作られています。フレームだけの状態ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、組み上げると堪らないオーラを醸し出します。
(写真のフレーム以外にも4本程在庫がございます。サイズ・カラーはお問い合わせください。)



italianbike_fig09

 

 

 

【取扱い店舗・お問い合わせ】
アートスポーツANNEX店 サイクルフロア
〒110-0005 東京都台東区上野5-26-1
Tel.03-3836-1662
<営業時間> 10:30-20:00

地図・フロア案内はこちら

 


 

サイクル

鈴木 良則

ページトップへ戻る