アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

サイクル

ホーム / サイクル / アイテム(ピックアップ)

スタッフこばやし厳選“珠玉の逸品”#1

スタッフこばやし厳選“珠玉の逸品”#1

shugyoku_fig01

自転車に乗っていて結構寒い首から上。耳はちぎれそうだし鼻はもげそうになります。かといってカジュアルなものだと暑過ぎて逆上せてしまいます。ポタリングとトレーニングでは選ぶ商品が大きく異なってくると思いますがある程度以上の負荷を掛けて走る場合にお薦めの珠玉の逸品をご紹介いたします。常温保持もしくは少しだけ温かくしてくれて、汗処理に優れた素材のものがいいと思います。
そう、ジャケットの下に着る高性能アンダーウェアと同素材なんて最高ですね。

shugyoku_fig02

OUTWET UNDER HELMET 価格:¥5,400(税抜き)
超お勧めアイテムです。実はここ何年もこばやし専売特許のアイテムです。なので今期もアートスポーツアネックス店独占販売品。他店では買えない高性能商品の一つです。アウトウェットの代名詞、Dryarn(ドライヤン)(*1)を使用(配合は若干異なる)したアンダーヘルメット。何がいいのかって寒くなくって温か過ぎない所と汗の処理能力です。
起毛はしていないのでポカポカではありません。メリノウール並みの保温力と肌触りを持っています。適度な保温力に透湿性。バラクラーバは耳も塞いでしまいますが、その影響は皆無、よく聞こえます。また、口元を覆っても問題なく息もでき、全く苦しさを感じません。

shugyoku_fig03

アイウェアも全く曇りませんが、口元を塞ぐと鼻水が出ますよね。そんな時はまくって顎にひっかけて下さい。ここが凄い所です。ストレスなく出来るんです。超伸縮素材だからできる技!

dryarn

ドライアンはアウトウェットアンダーウェアの素材の名称で、夏と冬の両極端なシチュエーションに対応するポリプロピレン90%とエラスタン10%からなる究極の素材です。こばやしはサイクルアンダーNO1素材だと思います。主成分のポリプロピレンは超耐水素材で、繊維に付着した水分を素早く蒸発させ、身体の表面を常にドライに保ちます。その排除率はコットンの約160倍です。また重量も非常に軽いのと何よりも伸縮性に優れ長時間高いフィット性を実現します。


【CRAFT】WS Skull ハットとMultifunction ネックウォーマー

shugyoku_fig04クラフトからリリースされているふたつの商品はセットアップしてご使用いただくとより効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

shugyoku_fig05

◆CRAFT WS Skull ハット
価格:¥3,200(税抜き)
カラー:ブラックプラチナ

 

吸汗速乾性に優れ、汗冷えによる体温低下を防ぐ保温力の高い軽量機能素材、EXTREMEアンダー(*2)と同素材を採用しています。ヘルメットのベンチレーションからまともに風を受ける前面部に信頼のゴア社のウィンドストッパーを配します。やさしい肌触りも安心する一枚です。

 

 

shugyoku_fig06

◆CRAFT Multifunction ネックウォーマー
価格:¥3,200(税抜き)
カラー:ハイビスカス、ブラックプラチナ

 

吸汗速乾性に優れ、汗冷えによる体温低下を防ぐ保温力の高い軽量機能素材、EXTREMEアンダー(*2)と同素材を採用しています。やさしい肌触りも安心する一枚です。高い保温力のみならず透湿性にも長けているので寒くなる口元を覆っても息でアイウェアを曇らす事も少なく、息苦しくもありません。

 

 

shugyoku_fig07*2 EXTREMEアンダーの特徴
アートスポーツアネックス店で冬場に一番売れているアンダーウェアが「CRAFT EXTREME」です。秋~冬~春の3シーズンと、長い期間使用可能なアンダーウェア。適度な保温力と吸汗発汗性に長けています。素材はポリエステル100%。運動中に発散される水分(汗)の88%は運動中に蒸発してしまうほどの高いベンチレーション効果と、運動停止6分後にはドライになってしまう高い速乾効果が人気の要因ですね。

shugyoku_fig08

shugyoku_fig09

ネック・フェイス・キャップとして対応可能な利便性の高いアイテムですが、当店では長い形状のまま使わず、ふたつに折ってネックウォーマーとしてお使いいただくのが最善だと考えます。

shugyoku_fig10

ネックウォーマーは顔面部を出して後頭部を覆うように被ります。次にSkullハットを被ってフェイスマスクの完成です。


【取扱い店舗・お問い合わせ】
アートスポーツANNEX店 2F Tel.03-3836-1662

サイクル

小林 伸一

ページトップへ戻る