アートスポーツはスポーツ人間を応援します。

サイクル

ホーム / サイクル / How To

初めての冬用サイクルパンツ 失敗しない選び方

 

いよいよ12月に突入。寒さも本格的になってきました。そろそろ温かなタイツが恋しくなってきますよね。

「夏から自転車を初めたので、冬用ウェアは何がいるの?」というようなご質問をよくいただきます。

ということで、はじめて冬物を買う方にも分かりやすく、冬用のサイクルパンツの選び方をアドバイスさせていただきます。

 

冬用パンツには、メーカーごとに色々な素材や工夫が。。

冬用パンツには、メーカーごとに色々な素材や工夫が。。 

 

 

☆ 冬用パンツは、裏面が起毛しています ☆

ふかふかに起毛。

ふかふかに起毛。

 

冬用のサイクルパンツはまず間違いなく裏起毛しています。

起毛が直接肌に触れるので温かく感じます。

そんな冬用サイクルパンツの中にはショーツ(膝上)等もありますが、一般的にはタイツ(ロングパンツ)になります。

 

冬用では特にビブがオススメ。

冬用では特にビブがオススメ。

 

 

更にビブ(肩ひも)があるものの方が昨今は一般的で、冬用では特にオススメします。

なぜなら冬はお腹が暖かい。それ以外にはパッドがずれないようにするのが最大の理由です。

更にはお腹が苦しくない、ジャージをタイトに着こめるなどアドバンテージがあります。

 


 

☆ 裏起毛の冬用ロングタイツには次の種類があります ☆

気温別に使い分けられる。※個人差あり

気温別に使い分けられる。※個人差あり

 

右  防風素材なし (10℃対応といわれるもの)

真ん中  風を受ける前身ごろに防風素材を使用 (5℃対応といわれるもの)

左 更なる防寒性を高めるためより広い範囲で防風素材を使用 (0℃対応といわれるもの)

 


 

 ☆ 防風素材とはどんなもの? ☆

画像d

シャカシャカしたら防風素材。

画像e

見ただけでわかるパールイズミの防風素材

 

言葉を変えればウィンドストッパー。

見た目では分からないので表示を見るのと、商品を触ってみましょう。

シャカシャカした感触がします。パールイズミの防風素材はうろこ状なので一目瞭然です。

温かい一方でストレッチ性に劣るのでペダリングに抵抗、ヒッツリを感じます。

 


 

 ☆ 商品を選ぶポイント ☆

 住んでいる地方や、自分は寒がりか、何時頃乗るか、運動強度など、シチュエーションや乗り方によって決まります。

 a. 防風素材なし 10℃対応といわれるもの

温かさより漕ぎやすさを優先。都内近郊を昼間基調で乗る人、寒がりじゃない人。なかには裏起毛の七分丈のみで冬を越す人も多数います。また元同僚のプロ選手は真冬も夏用ショーツでした。そんな極端な人もいます。

 b. 風を受ける前身ごろに防風素材を使用 (5℃対応といわれるもの)

一番人気があり、各メーカーが多くリリースしているのがこちら。保温力が高く、ぺダリングに大きな悪影響がない。バランスが取れていることから人気があるのでしょう。

 c. 更なる防寒性を高めるためより広い範囲で防風素材を使用 (0℃対応といわれるもの)

漕ぎやすさより温かさを優先。早朝や深夜にライドをする方、運動強度を上げるのが苦手な方にお勧めします。

 


 

☆ 試着と質問 ☆

 おおよそのイメージが付きましたでしょうか。あとはアートスポーツアネックス店の店頭にてご試着ください。

そして不明な点はなんなりとご質問して下さい。知識豊富なスタッフが丁寧に対応させて頂きます。

 

ウィンタージャケット編が公開になりました→ 

 

アートスポーツ ANNEX店

 

 

サイクル

小林 伸一

ページトップへ戻る